ブロックエディタを軽快に使うための設定|WordPress

ブロックエディタを軽快に使うための設定

未だにブロックエディタを「重い!」とかいってる人。

もしかして……表示を重くする設定がモリモリになってない?

スポンサーリンク

ブロックエディタに「表示設定」があるのをご存知でない?

WordPressのエディタ画面は、設定で表示を増やしたり減らしたりすることができます。

右上メニューの項目は画面表示についてのカスタムが多い
右上のメニュー画面を開くとこんな感じ

「表示」と「エディター」部分をいじって、使いやすいようカスタムすることができます。役割は下記に。

  • [トップツールバー]ツールバーが上部に固定される
  • [スポットライトモード]選択してるブロック以外が薄くなる
  • [フルスクリーンモード]WPメニューバーが消えて誤クリ予防
  • [ビジュアルエディター][コードエディター]コードで直接入力する猛者は1%以下だろうし割愛

トップツールバーを固定しないと、ブロック上を追従します。これがなかなか邪魔だし、表示の処理がよけいなので、上部に固定させておくほうがいいでしょう。

ちなみに固定しないとこんな感じ。上のブロックが隠れるのが地味に面倒です。

ツールバーを固定しないとブロックについてくるから本文が見にくくなるし処理が増えて重くなりやすい
ブロック移動にツールバーがついてくるのでウザイ

フルスクリーンモードの切り替えは気持ちの問題。WPのメニューバーが隠れるので誤クリック防止になります。マウスをよく動かすタイプは、マウスオーバーのストレスが軽減されるかも。

ちなみに「歯車マーク」は、メニューバー表示のオンオフだけです。気軽に押してあげてください。

ブロックマネージャーで使わない項目を消す

ツールにある「ブロックマネージャー」は、使用する・しないブロック項目の整理ができます。

ブロックマネージャーはツールバーなりブロックに表示する項目を減らして軽量化できる
いらないのはしまっちゃおう

ブロックエディタはMarkdownの代用タグでも、ショートカットキーでもHTMLタグの入力ができるので、ツールバーに無くても困らない項目が多くなります。

見出しは「##(半角スペース)」でH2見出し。#の数が見出しnになります。引用も「”(半角スペース)」でいいから、Markdownタグを覚えると便利ですよ。

Markdown記法 チートシート - Qiita
Markdown記法のチートシートです。 本ページではQiitaで使用可能なMarkdownのみ掲載しているため、一部原文と異なります。 Markdownの原文については、Daring Fireball: Markdown Synta...

「設定」のカスタムでエディタのメニューバーを軽量化する

WPの記事を投稿するには、予約投稿なりタグ付けだったりアイキャッチ設定など、最後の仕上げをする項目があります。中には使わない項目もあって邪魔に思ってませんか?

メニューの一番下にある「設定」を選ぶと、表示させる項目を選ぶことができます。

設定からメニューバーに表示させる項目を調整できます
使わないのはしまっておくと、表示が減るぶん動作も軽くなる

使わない項目がたくさんあるなら、いっそ全部しまっちゃおう。

表示する項目が減るほど、処理が少なくすむから、ブロックエディタの動作も軽くなるはずです。

ブラウザ表示を軽快にしたいのなら、余計なものをそぎ落とせばいい

ブラウザ上でWordpressを「文字入力→投稿」までやっている人は、必要がない機能表示を見直してみましょう。

表示領域が減るほど、PCのメモリ使用量は節約できるし、WPならよけいな帯域を食うこともなくなります。CPU稼働が減れば電気代節約にもつながるしね。

別の高速化対策として、WPを置いているサーバーを強化する手もあります。

現在使用しているサーバーが、「Xserver」「ConoHa WING」のどちらかでないなら、試してみるのも手。

≪新登場≫国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

この2社はWordpressに関して、国内最高峰のサーバースペックになります。私はXserverを使ってますが、ページ表示の高速化は段違いによくなりますよ。

コメント