新型iPhoneが出ると旧型の値下げがウマイよね

iPhoneの新型が発表されると、前型の値下げが気になるところ。

iPhone13が発表され、各キャリアは1世代前の12を約12,000円前後の割引をしています。型落ちでも性能は十分だし、わざわざ新型を追い求める理由もないのでは?

スポンサーリンク

iPhoneは型落ちの割引を追ってるほうが賢い

Apple製品は世界的人気があるし、みんな欲しがるから、値崩れがしにくい。常時プレミアム価格みたいなもの。

特にiPhoneは毎年モデルチェンジをしているため、これを買い替えタイミングだと待っている人も多いでしょう。

近年は大幅刷新のような驚きはなく、CPUとカメラなど、マイナーなアップデートが主。そのため、新旧の性能差は「ほんのちょっと違う程度」しか変わりません

中身はほぼ同じなら、少しでも安いほうを買うのが賢くないですか?

iPhone13が登場したことで、1世代前のiPhone12は、軒並み1.5割ほど(約1万円強)値引きされていますね。これは年イチのセールでもそうそうありません。

48回払いよりは一括の1年更新が賢い

iPhone13の契約で目立つのは、48回払いの2年後下取りプラン。

ソフトバンクのプランを参考にすると、総額11万の端末代金が、月々2,415円の24回払いで6万弱に済ませることができます。

24回よりも月々の支払額を抑えれることがメリット。

ソフトバンクのiPhone13を48回払いで購入する場合の月々支払シミュ
48回は24回よりも月々支払を抑えれるのがポイント
ソフトバンクでiPhone13の機種代金
ちなみにAppleStoreで128GB一括だと98,800円(付帯サービスなしで)

デメリットは、2年後に端末を下取りに出すか使い続けるかの選択が迫られるため、(そのキャリアから)逃げにくくなること。

キャリア下取りだと、元値の半額になるのもザラだから、めっちゃキレイに2年使う条件があってようやく「半額免除の可能性がある」レベルになります。

もし一括購入なら、1年ごとに新機種に更新するのも余裕。

iPhoneの1年落ちは、良い状態なら買取8割は余裕なので、初期10万投資をすれば毎年2万円で新型が買える権利を手に入れるようなもの。この場合はApple Storeで購入したほうがいいでしょう。

Apple製品は買取価格も高いのがデカイ

Apple製品は中古市場でも需要があり、3世代前でも人気モデルかつ美品なら、定価の6割以上で売れたりします。

キャリアの下取りサービスは、iPhone以外の査定が厳し目。メルカリなりディスカウントで売るほうが高値になることも。

あとは、なるべく高く売りたいなら、大切にスマホを使い続けること。

外装の傷が少ないことだったり、故障歴の有無だったり、バッテリーの劣化など、使ううえで特に重視される項目が優秀なほど、買取価格は上がります。

大切に使うほど、新しく購入するスマホの価格を抑えることに繋がるわけです。

キャリアで割賦購入は救済措置と思えばいい

手元に資金がない人にとって割賦購入は”救済”になります。

でもスマホバキバキにするタイプは、下取りサービスに向いていません。2年間気を張ってスマホを使わないと守れないなら、48回の下取りプランは選ばないほうがいいでしょう。

くれぐれもご利用は計画的に……。

コメント