【ワーケーション】旅行+仕事なのに経費にしにくい問題

リモートワークが浸透して、働く場所にこだわる理由がなくなりました。

ワーケーションは「バケーション+ワーク」のこと。どこでも仕事ができるなら、ホテルや旅館でもいいじゃないかと──そういう話です。

でも全額経費にはしにくいんですよねぇ……。

目次

ワーケーションはなぜ経費にしにくいのか

経費は”仕事だけ”に適用されるから全額が難しい……。

ワーケーションの全額を経費にしにくいのは、「それって遊びも含まれているよね?」だからです。

出張は仕事をするために行くから、全額経費になります。

ワーケーションは目的に「旅行」が含まれてますよね。滞在中の合間に仕事をするのだから、仕事と旅行は分けて考えるべき──。税務ではそう考えられます。

ワーケーションは経理への負担が大きい

経費は基本的な考えとして、所得(利益)を得るために使ったお金に適用されます。

ワーケーションは旅行のついでに仕事をするわけだから、”仕事をしていると認められた時間のみ”に経費が適用されます。

そして、仕事をした時間の証拠として、タイムカードなりの勤怠管理が必須になります。

例えばホテルで仕事をしたとするなら、ホテルの宿泊費から勤務時間の分だけ、旅費交通費で経費を申請することができます。これは「家事按分」と同じ考えですね。

経理はその按分を計算する必要があるし、領収書などの証拠と照らし合わせないといけない。

本当の数字より多いなら、税務署は特に困りません。会社の純利益が減り、上に怒られるだけです。でも少ないなら、税務署は「脱税か!?」と疑ってくるし、追徴課税をもらうハメになりかねません。

そんなわけで、企業がワーケーションを推奨すると、経理部門の負担は確実に増えてしまうのが難点ですね。

日経ビジネス電子版
コロナ禍で浮上も進まぬ「ワーケーション」の理想と現実 コロナ禍で浸透した言葉として「ワーケーション」がある。バケーションしながらワークすることを意味するが、実際にワーケーションが日本において浸透するまでには時間を要...

ワーケーションはフリーのSEにクッソ有利

ワーケーションをしやすいのは、保守系のフリーSEかもしれません。

特にシステムやインフラの保守は、顧客先に出向くことが必要になりますし、自宅から離れると宿泊施設を利用する必要がでてきます。むろん、生きるための食事も経費にできますね。

プログラマーやブロガーも同様の働き方はできますが、自宅があるなら、「別に出かける必要ないよね?」って突っ込まれるため、経費にできるかは”状況”によります。

旅行先でリフレッシュしたら能率がアップすることをアピールすればいい

ワーケーションの要はリフレッシュできること。

日常のストレスから開放され、心身をリラックスすることで、クリアな状態で仕事に望めることがメリットのひとつ。

そのおかげで仕事の進行スピードが2倍3倍となるなら、ワーケーションをしたほうが効率がよくなるし、費用対効果も証明されます。

経費にできるかは、「仕事の効率アップのため」も重要なポイント。

投資と同じ考えになりますが、普段より高い出費をしても取り戻せるなら、やる価値はありますし、納税額が結果的に増えることになります。──そのアピールが節税にも繋がるわけです。

企業勤めでも、経費の仕組みは軽く頭に入れておいたほうが絶対にいいです。

知れば知るほど、「あの支払いは経費でいけたし損しているなぁ」とか後悔するはず。領収書なりレシートのどれが経費に使えるかは、学んでおいたほうが自衛(財布的な意味で)になりますよ。

著:一般社団法人 みつめる旅, その他:山口周
¥1,881 (2022/01/28 23:57時点 | Amazon調べ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる