「人のためになる仕事」の謎

「人のためになる仕事」の謎

「人のためになる仕事に就きたい!」

その希望は、キラキラした就活生なり進路希望で聞くことは多い。でも……人のためにならない仕事ってあるんだろうか。

スポンサーリンク

人のためになる仕事って無限じゃね?

給料は対価として支払われるもの。

給料が発生する時点で、雇用主から「ありがとう」の意味が込められている。対象が誰であれ、人の役に立っているのは間違いない。

ボランティアは基本的に無給。なのに、人の役に立てる仕事の筆頭だと思われている。

そこにある対価はなんだろう。

感謝の言葉? それとも自己アピール?

「人のためになる」の意味を考えると、漠然としすぎているなと思う。横綱の品格くらいに曖昧。

Youtuberは誰かを楽しませることで役立っているし、ブロガーなら検索してきた人の悩みを解決することで役立っている。極論をいえば暗殺だって、誰かの願いを叶えた結果といえる。

非生産でも、命があるだけでもありがとうって話になる。

簡単にまとめると、人は生きているだけで、誰かに感謝されていると思えなくもない。ラブアンドピース。

過去に受けたありがとうの気持ちが「あこがれ」になる

若くして進むべき道をみつけるのは才能だと思う。

子供の頃に受けた感動は、ゆくゆく就きたい職業の希望になりやすい。

好きなことを見つけて、それにただひたすら没頭できるのは、才能といわずして何と例えればいいのだろう。

「給料がいいから」でもいいはずだし、「家から近いので」も立派な理由のはず。それを隠して入ったところで、理想と乖離しやすいのは間違いない。

──好きなことに没頭するのは難しいことじゃない。

好きなことを仕事にするため、何をしたらいいかを導いてくれる”何か”が見つかれるかどうかが難しい。

「やってみたい」と思うなら、とりあえず始めてみたらいいじゃないかと。──それができない環境にいるほど、人は腐っていきがちだと感じている。

コメント