八幡餃子(浜松市)の餃子レポ

浜松市東区にある無人餃子販売店「八幡餃子」の餃子レポ!

宇都宮餃子が24時間買えるのは市内でここだけかも。

目次

八幡餃子(浜松市)のチェックリスト

個人的な感想!

八幡餃子のチェックポイント
  • 栃木から直送されている宇都宮餃子
  • 1パック36個入りで1,000円
  • 「赤」「白」の2種類。たぶんニンニクの強さ
  • 持ち帰るための装備が充実(もち有料)
  • 夜は入りやすく、日中は面倒な位置にある

餃子の他にタレや持ち帰り袋(保冷関連)も充実しています。

1つ1つ金額設定されているので、購入した分を料金箱に入れましょう。

八幡餃子の購入方法の注意書き。
八幡餃子は持ち帰るための装備も充実

ポイントはやはり宇都宮餃子でしょう。

栃木の工場か直送されており、正真正銘の宇都宮餃子です。浜松市内で買える本格派は、おそらくここだけじゃないかな。

宇都宮餃子と浜松餃子の違い?

どちらも野菜メインだから大きな違いはないです。

明確に違うのは皮の厚さかもしれない。

宇都宮は焼きと水餃子がワンセット。茹でると皮の厚さに気づきますね。

八幡餃子はどっしりした野菜餡が最高です!

八幡餃子は1個がけっこう大きめですね。

箸で持つとちょっと重く感じるほど、中身がギチギチに詰まっています。

餃子の1個が大きいと一気に焼くのが難しくなる
1個が大きいと円状より縦並びのほうが楽かも

餃子の消費量で毎年争っていますが、餃子の質はどちらも優劣しがたいものです。

むしろ現地で食べたら、向こうのほうが美味しいとか思ったくらい。

あわせて読みたい
浜松市民が宇都宮餃子を食べにいって「負けた!」と思った話 浜松餃子に慣れ親しんだ浜松市民が、宇都宮駅近くの「みんみん」で宇都宮の餃子文化に触れた話。

美味しければそれでいいじゃないか。浜松なのに24時間いつでも宇都宮餃子が食べれる現代にカンパイ。

他の無人販売店も気になる人へ

浜松市内にある無人餃子販売店については、こちらの記事でまとめてあります。ぜひご覧になってください。

あわせて読みたい
浜松市内にある無人餃子販売店のまとめ(2022年5月現在) 浜松市内にある24時間営業の「無人餃子販売店」をまとめました。 2022年5月21日現在、確認済みは17店あります。(前2022年2月から2点増) 【浜松市内にある餃子の無人販...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる