ラーメンは細麺を選ぶとダイエット効果があるらしい

ダイエット期間中の人に朗報!

ラーメンは細麺を選ぶとカロリーも糖質も少ないらしいぞ!

(考えてみたら、太麺より”少ない”から当たり前だよな……)

目次

太麺より細麺のほうが太りにくい理由

ダイエット中に細麺を選ぶべき理由は、太麺と細麺では「1本あたりの糖質量」が違うからです。

全く同じグラム数だと違いはなくなるけど、細麺で太麺と同じボリュームにすると、普通盛りから大盛りに変更しないといけなくなるから、店にとって損失に繋がりやすい。

だから、ラーメン1杯分で考えると、細麺のほうが低カロリーになりやすいんですよね。

その代表例が「一蘭」のラーメンかなと。

細麺は低カロリー?一蘭のラーメンは1杯500kcal前後

では具体的に、細麺と太麺での1杯あたりのカロリーを調べてみましょう。

太麺のこってり系は1杯あたり800~900kcalくらい(参考:家系とか山岡家)。ライスをつければ余裕で1,000kcal超えますね。

対して細麺の博多豚骨系は1杯500kcalほど(参考:一蘭)です。太麺よりもざっくり半分のカロリーなんですよ。500kcalはご飯換算なら、どんぶり1杯と同等。

成人男性の基礎代謝は1日に1500kcalほど。

家系を夜に食べるなら、朝昼でどんぶり1杯分のカロリーに抑える必要があります。でも一蘭のラーメンなら、1日3杯でも代謝分で消費されるから、太麺と比べれば太りにくいわけです。

ダイエット中なら麺の量を減らすより、細麺の博多豚骨系を選ぶべし!

ダイエットで食事制限をしていると、脂っこいモノをどうしても食べたくなります。

今は低糖質の麺もあるし、自炊ならラーメンでも制限食を作りやすくはなっています。でも忙しい時、どうしても外食中で済まさないといけない場合は、どの店を選ぶか迷いますよね。脂抜きとか少なめとかいいにくいしね……。

そんな欲望が芽生えたのなら、ガマンしてストレスを溜めるより、細麺メインの博多豚骨系の店にいけばいいんです。

コラーゲンましましで肌にもいい!

とはいえ、替え玉をしては本末転倒です。麺だけを完食してスープはほどほどがマスト

脂っこいラーメンでダイエット効果を促す黒ウーロン茶の裏技

それでも糖質が気になる方は、機能性食品で抑制を狙うと気持ちがラクになります。

おすすめなのは黒烏龍茶

黒烏龍茶には、脂肪の吸収を抑制する「ウーロン茶重合ポリフェノール」が多く含まれています。

食後に飲むと、飲まない時より血中中性脂肪の上昇が20%ほど抑えられた結果があります。脂ギッシュな食事をするなら、積極的に飲んでおきたいですね。

ラーメン屋の近くにある自販機には、たいてい黒烏龍茶があるのは確信じゃないかな。

黒烏龍茶
¥3,455 (2022/02/07 00:58時点 | Amazon調べ)


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次