SLIMFOLIOとSLIMCOMBOの違い

iPadの物理キーボードに使っていた物が、接触部の影響か、打鍵の振動で電源が落ちたりするので困っていた。

保証を使えば交換もあるらしく、それならやってもらおうじゃないと、サポートに突撃した結果──。

ワンランク上のキーボードに交換になったのだった。

ラップトップとして使いやすいSLIMFOLIOのほうが優秀か?

今まで使っていた「SLIMFOLIO」は、iPadケースも兼ねる一体式です。

利点はふたつ。iPadサイズのスペースで打鍵できるから、作業スペースが小さくても使えるところ。これは膝の上で特に役立つ。

タブレットで使いたい時は、キーボード部を裏に回すだけで液タブ状態にできる。この時の角度が、ペンを走らせるに絶妙な斜面を作ってくれる。

欠点といえば、キーストロークが短く指が痛くなりやいので長文は疲れるところ。バックライトがないので、真ブラインドタッチを会得しないと困る。

セパレートじゃないのがいいところ

一体式だからこそのメリットがあります。iPadのカバーに使うだけでも、そこそこ有能なところもいい。値段はゲロ吐きたくなるけど。

……満足してましたが、不具合が出てしまっては致し方ない。

サポートに連絡して交換できればラッキー♪ ──程度の気持ちだった。しかし在庫がないらしく、別のモデルを提案された。

それがキーボード部分をセパレートできる「SLIMCOMBO」です。

思っていたより悪くはない……が

SLIMCOMBOはセパレートタイプになります。

ケースに衝立があって、それでiPadを立たせる感じ。そのため衝立分のスペースが必要になるから、FOLIOより作業スペースを広くとるハメになる。

これは予見していたが、予想よりも膝上で使いづらいなと。

ディスプレイだけテーブルにおいて、無線キーボードを膝上で打鍵するのが、想定されている使い方だろうけど、突然「いただきー!」とiPadをひったくられても、秒で反応できるか困るなァ。

打鍵は柔らかめ。音がパチパチからペコペコに変わった感じ。バックパネルもあるから、停電時や布団の中でも作業できるね!

欠点はタブレットとして使う場合に困ること

タブレットとして使うだけなら、キーボードくんが邪魔になるのは当然です。

そんな時でも邪魔にならないよう、裏に回せるFOLIOは優秀でしたが、COMBOはセパレートなため、”重ねる”ことが面倒なんです。

立ちながらメモってるとキーボードがずるっと落ちてしまうこともあるでしょう。膝上で作業をすることが多い人にとっては、案外バカにならない煩わしさになるかと。

テーブルがある電車だと、そこにiPadおいて膝上にキーおけばいいから、これは便利になるほうかな。ただし距離が離れるので、フォント小さめで目が悪い人は疲れることになると思います。

総合:どっちもどっち

個人的にはバックパネルがうれしい。あとは充電式になったところですね。

ちなみにサポートに連絡してから1ヶ月近くかかりました。絶妙なタイミングで週末前に連絡したりされたりしたので、彼らの休養明けの連絡が多かった印象です。そのため時間が余計にかかった印象。

その分グレードアップしちゃったから、終わりよければそれでよし。

なんだかんだで、通常時の保護ケースとしては普通に使えますしね。