【ドメイン移管】お名前.comから他ドメインサービスへ譲渡する方法

【ドメイン移管】お名前.comから他ドメインサービスへ

お名前.comで取得したドメインを、他のサービスへ移管する方法をまとめました(記事中ではXserverを例に)。

今使っているサービスから、他ドメインサービスに移る際にも使えます。

目次

お名前.comからのドメイン移管をする方法まとめ

手順を流れで説明するとこんな感じ。

  1. Whois情報を譲渡先に変更する
  2. Whois情報公開代行を設定しているならOFFにする
  3. AuthCodeを取得する
  4. 譲渡先が移管申請(譲渡するドメインを取得する)
  5. 移管完了のお知らせ待ち

ドメインの移管自体は簡単。

ただ……お名前.comの「設定」がわかりにくく、ヘルプを見てもなおわかりづらいため、移管させたくない魂胆が見え隠れしましたね。

Whois情報の書き換え

お名前.comにログインし、上部メニューの「ドメイン」から「ドメイン機能一覧」を選択。

メニュー「ドメイン」から「ドメイン機能一覧」を選択

下に進めると「登録情報の設定」があるので、「Whois情報変更」を選択。

下に進めると「登録情報の設定」があるので、「Whois情報変更」を選択。

変更したいドメインにチェックを入れて「次へ」を押す。

変更したいドメインにチェックを入れて「次へ」を押す。

「変更情報の選択」は全部チェックして変更してもいいけど、「技術担当者」はドメイン管理側(運用サーバーの管理者)になるのでパスしてもOK。

チェックして次へ進むと、情報を入力するフォームになります。

「変更情報の選択」は全部チェックして変更してもいいけど、「技術担当者」はドメイン管理側になるのでパスしてもOK。
技術担当者になった覚えがないならパスしてOK

Whois情報変更で譲渡先の情報が必要になります。

「氏名・郵便番号・住所・電話番号・メールアドレス」が必須のため、先方にしっかり聞いておくように。特にメールアドレスが重要です(確認メールがお互いに届くため)。

譲渡先の情報に書き換えたら、次へを押して最終確認。

変更すると、お名前.comの会員であるあなたと、譲渡先の連絡メールアドレスにWhoisi情報変更の完了の通知が届きます。

AuthCodeの取得

AuthCodeはドメイン移管申請の際に必要です。

お名前.comの上部メニュー「ドメイン」から「利用ドメイン一覧」を選択。AuthCodeを取得したいドメインをクリック。

「ドメイン詳細」の項目に「AuthCode」があります。

「ドメイン詳細」の項目に「AuthCode」があります。
「表示」を押せば英数字列が表示されます

表示を押すとcodeが出るので、メモ帳なりにコピペして保管しましょう。

Whois情報公開代行機能のOFF

「Whois情報を譲渡先にしたのに移管でエラーが出る」

そんな時はWhoisi情報公開代行機能がONになっていないかチェック

Whois情報公開代行機能は、管理者情報を”代行”するので、契約者の情報セキュリティがほんのちょっぴりアガるだけの機能。OFFでも特に困りません。

OFFにすることは簡単。……ですが、お名前の案内がクッソわかりにくいので注意。

まずはお名前.comにログインして、上部メニュー「ドメイン」から「ドメイン機能一覧」を選択。「登録情報の設定」から「Whois情報公開代行設定」を選択。

上部メニュー「ドメイン」から「ドメイン機能一覧」を選択。「登録情報の設定」から「Whois情報公開代行設定」を選択
Whois情報公開代行をクリック

注意すべきはここ!

Whois情報公開代行設定の変更は、画像の赤枠で囲った”小さい文字のリンク先”です。

Whois情報公開代行設定の変更は、画像の赤枠で囲った”小さい文字のリンク先”です。
これマジひと目でわからなかった

リンクを踏むと「Whois情報公開代行設定の解除」ページに移動します。

ここで機能をOFFにしたいドメインにチェックを入れて、確認画面後に「確定」を押せば完了です。

機能をOFFにしたいドメインにチェックを入れて、確認画面後に「確定」を押せば完了です。
これで変更できることはすべて終わり

ここまで設定すれば、ドメインの移管で設定変更することは終わり。

これでもエラーが出るなら、相手がドメインサービスに登録している個人情報と、教えられたWhois情報とが間違っている可能性があります。

相手から「移管はじまりました!」と連絡があれば完了です。

譲渡先のドメイン移管申請(お名前からXserverへ)

ついでにドメインの移管申請も軽く説明。

お名前.comで譲渡可能のドメインを、Xserverのドメイン取得サービスで移管申請するパターンで説明します。ちなみに他サービスでも手順はほぼ同じだから参考にしてね!

例えばここのドメイン「34feed.me」で移管申請するなら、Xserverのドメイン取得で「34feed.me」を取得するだけです。

例えばここのドメイン「34feed.me」で移管申請するなら、Xserverのドメイン取得で「34feed.me」を取得するだけです。

お名前.comで取得した「AuthCode」がここで必要になります。

料金が必要になるのは、譲渡先にとって”ドメインの新規取得”になるから

あとは申込内容と支払いの確認に進み、決済をすれば移管作業は完了。間違いがなければ、数時間~数日でドメインの移管が完了します。

私の場合、「お名前→ConoHa」の移管で、申請の開始から2時間あるかないかで終わりました。

最後の簡易まとめ

ドメイン譲渡する側
ドメイン移管申請する側
  • Whois情報を移管申請する側に変更する
  • AuthCodeの取得
  • Whois情報公開代行設定の解除
  • 変更作業が終わったことを移管申請する側に伝える
  • 自身のWhois情報(個人情報)を譲渡する側に伝える
  • 譲渡する側の準備ができたらドメインサービスで該当ドメインを取得する

互いのする作業の流れはこんな感じです。

【ドメイン移管】お名前.comから他ドメインサービスへ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる