ASUSのE203MAをWin11にアップデートしてみた所感

ライティングにはASUSのE203MAを使用しています。

雑魚スペックのラップトップPCですが、その程度の利用ならむしろ快適なほど。

近頃「Windows11にアップデートできるよ!」とOSがうるさいため、雑魚スペックに最新OSを入れたらどうなるのだろう? と興味がわきました。

遅くなるか、それとも……。

目次

E203MAをWindows11にアップデートしても問題なし

結論からいえば、Win11にしても違いがわからないレベルで問題なし、です。

windows11にしたらインストールドライブが10GBほど空いたのでラッキー
mac開いた気分になった

起動なりアプリの動作に関して、遅くなったのは体感しませんね。

最大の懸念はインストールドライブの肥大化でしたが、むしろ容量に余裕ができたのが面白かった。Win10アップデートのバックアップ組が消えたからでしょう。

「なんかCドライブの容量少なくね?」と感じたら、アップデートするのもありかも。

使っているPCがWin11に対応しているかどうかは、こちらの記事を参照してください。

あわせて読みたい
Windows11の互換性で「TPM2.0」が無くて断られる人が(自分含めて)多そう&解決法も一応 Windows11は10から無償アップグレードできます。 動作環境は10年前の基本構成PCでもいけるレベル。ただひとつ厄介なのが、「TPM2.0必須」なところ。 動作可能がチェック...

【デメリット】新機能の恩恵がほぼない

正直、デメリットといえるほどのアレはないです。

ただひとつ残念なのは、複数ウィンドウの分割・整列が簡単にできる「スナップ機能」が意味をなさないところ。

なぜなら、E203MAは11インチかつザコ解像度で画面分割すると、表示領域が狭すぎて作業効率がダウンするから。

メモリも多くないし2コアだから、複数タスクに滅法弱いから仕方ないね。

まぁ文字サイズを小さくしたり、スマホ並の表示領域でもいいなら問題ありません。

スナップ機能をフルに活かすなら、14インチ以上で6万円は超える無難なスペックを選ぶべきですね。

【まとめ】E203MをWin11にしても問題ないけど、用途による。

E203MAはブラウジングや文字書き職なら問題ないスペック。

このブログもNotionで書いてからデスクトップで整形する形。Photoshopなりドローイングも使えないことないけど、表示が狭いのが最大の難点。

ゲームなりマルチメディア方面は弱いので、格上のスペックを狙いましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる