ブログ初心者は金脈を探すために雑記ブログからはじめるべき

ブログ初心者は金脈を探すために雑記ブログからはじめるべき

「ブログを副業にしたいなら、稼げるジャンルで特化するべき!」

だいたいの指南本はこういってます。

ブログをこれからはじめる初心者が、稼げるジャンルの記事をすんなり書けるのだろうか? むしろ、日記ですら書けない人もいるはず。だから初心者は、とりあえず書けることからはじめるべき。

書けることから書いていくと、自然と雑記ブログが立ち上がります。あとはそれを継続し、特にアクセスが多い記事を見つけること。

それがあなたの得意なジャンルになります。

目次

ブログ初心者こそ雑記からはじめるべき理由

ブログで最も難しいのは、書き続けること。

書き続けるのに必要なのはモチベーション。仮に稼げるジャンルが全く興味がない分野で、文章を組み立てるのも苦手なら、数記事完成させて力尽いてしまい、アクセスも収益も発生せずにあきらめるのが王道パターン。

稼ぐ目的でブログを立ち上げると、収益がモチベーションになってしまうから、発生しないと継続する気力が持続しにくい。

ましてやブログは、すぐ結果が出るほうが稀な分野。

アクセスがないと広告も意味をなさないため、モチベーションの元である「収益」も発生しません。その状態が数ヶ月続くなら、たいていの人は挫折するでしょう。

ブログ初心者に必要なことは、毎日でも書きたい意欲を持ち続けること

そのためには、興味のあることをジャンルに拘らず、とにかく好きに書くのが一番。毎日のように更新して、100記事ほど積み上げれば、アクセスが特に多い記事が見つかるはず。

それがあなたの武器になります。

まずは記事を書くことに慣れることを最優先に

とりあえずブログ初心者は、「書き続ける」ことを最優先に考えましょう。

稼げるジャンルって、広告案件が多かったり単価が高いなどの特徴があり、企業やプロなどの競合が多くなります。競争率も激しく、初心者がいきなり検索上位に入ることは困難。

まずは文章を書くことに慣れるため、書ける話題からはじめること。

今まで経験した仕事での気付きでもいいし、日常のちょっとした困りごとでもいいし、未来の話でもいいし、新技術なりトレンドニュースを追いかけるでもいい。

━━とにかく、興味があれば自然と言葉は紡げるはず。これを繰り返していれば、タイピングにも慣れるはずだし、最初は1時間で500文字程度だったのが、1時間で2,000文字書けるくらいにもなるはず。

初心者が挫折しやすいのは、「どうやって(何を)書いていいのかわからない」が多いかと。

誰でも面接をしたことはあると思いますが、自分の思いを誰かに伝えるのが、ブログでありウェブメディアの形です。だからブログの記事は、自分以外の誰かに“わかりやすい”よう書く必要があります。

……そればかりは答えがないんですよね。

そんな時は、検索結果1位の記事が答えになります。丸パクリをするとペナルティがあるけど、参考程度に真似るならアリ。

ブログ初心者が書き続けるためには?
  • 好きなことを好きなだけ書ける雑記ブログを作る
  • 毎日じゃなくてもいいから、書きたいことがある時だけやる
  • 継続することでご褒美がある(後述)
  • ブログの構成に行き詰まったら、検索結果1位の記事を参考にする

最初からWordPressじゃなくてもいい

ブログをはじめてゆくゆく稼ぎたいって人は、無料でも有料でもWordPressでもなんでもいいから、まずはブログを開設すること

タイトルは適当に「自分の名前+日記」でもいいです。

ブログを作成するには、次の記事を参考にするといいと思います。

とりあえず3ヶ月で60記事も書けば、アクセスが多い記事と全くない記事に分かれるはず。それを知るためにも、無料ブログを選ぶならアクセス解析があるサービスが望ましい。

今はスマホアプリで作成するサービスでも、アクセス解析が当たり前にあるくらいだし、無料サービスも後でGoogleAnalyticsを追加できます。初心者はアクセス解析を設置するにも苦労すると思いますが、その体験だって記事にできるわけですよ

SNSと連携させるなら、まずはTwitterからはじめるのがおすすめ。

Twitterは文字による投稿が主になるため、ブログとの相性が特に良いメリットがあります。更新情報を流すのに適しているし、RTからのバズの速さもSNSで屈指。写真を多く使ったり、写真から話題を広げやすいタイプならInstagramが妥当でしょう。

世の中には「Twitterの登録ってどうやるの?」ってレベルの人がいるし、開設できるだけで誰かより先に立てるかもしれません。登録に苦労した話もブログ記事にできます。年々登録方法が変わったりするので━━。

初心者がいきなり稼ぐジャンルにいくなら専門知識があることが前提

ブログで稼げるジャンルといえば、「金融・株式・FX」「暗号資産(仮想通貨)」「ダイエット・美容」「アパレル・ファッション」「ヘアサロン」などがあります。

この辺りは広告案件が多く、単価も高いため、個人や業者がこぞって記事を書いて集客しています。中にはSEOのプロもまじってガチ戦略をしていたり、全てが日々「検索1位」を目指して戦っているから、そこに初心者が挑んでも下位に埋もれるだけ。

検索1ページ目かつ1位は、検索してきたユーザーのおよそ8割以上のアクセスを得ることができます。だからSEOで効率を求めるなら、1位を狙うしかありません。

一方、5位以下だったり2ページ目以降になると、残り2割弱のアクセスを奪い合う形に……。

稼げるジャンルは、2ページ目まで(15位以内)は新規がつけいる隙がないほど、完成された記事ばかりだと考えてください。そこに立ち向かうには、1位以上の記事を完成させつつ、サイト構成まで考え抜かないと成り変わることは難しいですね。

そこに一矢報いるとすれば、より詳しい情報で攻めるしかないです。

「専門性」とは━━例えば投資なら、投資家で活動しているとか、実際に投資をして勝ち負けを経験しているなど、一次情報に詳しい人のことをいいます。

どんな分野でも、検索したり書籍で情報を集めれば、それなりの記事を書くことはできます。でもリアルタイムで経験している情報は、誰にとっても有益な情報になります。

稼げるジャンルで勝つ意思があるのなら、実際に広告で紹介されている商品を体験してみて、素直な感想を書くのが一番。ASPによっては、自ら広告の商品を買っても収益が発生する「セルフバック」もあります。

セルフバックを活用すれば、ある程度のキャッシュバックも見込めるため、実際よりも少ない費用で色々な体験記事を書くことも可能です。

雑記ブログでアクセス数が多い記事は「金脈」

好きなことだけ書く雑記ブログを続けて、100記事近くになれば、やけにアクセスが多い記事がチラホラあるはず。

それが金脈!

アクセスが多いってことは、検索ユーザーに需要があったことの表れ

検索上位の記事は、その記事が他よりも「伝える力」が強いから。伝える力があるってことは、世間のニーズが高まっている可能性もあるし、あなたが書きやすい分野だったのなら、収益化が期待できるジャンルを発掘できたといえます。

好きなことを語る文章って、熱があるんですよ。

「SEOライティング」の指南は数あれど、コンピューターに理解しやすい無機質な文章になりがち。論文のように堅苦しい文章が長々続くと、ほとんどの人は読むのを諦めます。

そのような面白みのない文章より、先が読みたくなる楽しい文章を、検索ユーザーは求めています。いわば小説みたいな存在ですね。

そのためには「個性」も重要になります。

詳しいジャンルを自分らしい言葉で書けば、おのずと個性は表れるはず。ユーザーの心をつかむためには、まず自分が楽しく書くことも大切なことを、忘れてはいけません。

金脈を見つけるまでと見つけてから
  • 雑記ブログは稼ぎにくいといわれているけど、自分が稼げる(得意な)ジャンルを見つけるのに最適。いわばブログの練習場。
  • 好きなことを好きな時に書く……書き続けることで文章力も自然とつく。
  • アクセスが妙に多い記事があるなら、そのジャンルが得意である証拠

例えば34feedで金脈な特化ジャンルを見つけるなら

うちのブログで最も検索されている記事はこれ。

あわせて読みたい
チン毛を1日1本抜くと何日でツルツルになれるのだろうか 約1ヶ月前のこと……。 もっさもさのチン毛にローションが絡むと、非常に面倒くさいことに辟易していた。ならいっそのことツルツルにしてしまえばいいのではないか? と思...

めちゃくちゃ不本意なんだけど、みんな脱毛に興味あるんだなぁってわかります。

てことは、メンズ脱毛のジャンルってイケるのでは……? と気付きますよね。ASPにも案件はあるし、横に広げる話題は少ないものの、実体験するレポブログなら十分戦えるでしょう。……一度抜いたら次がないはずだけどね。

雑記ブログの強みは、時間さえかければ「金脈」は見つかること

そして、続けるほど文章力が備わること。━━長く続けると、アクセスが多いのと少ないので何が違うのかもわかるようになります。

だからブログ初心者は、稼げる話題に振り向きせずに、まずは1年! 好きなことを好きなだけ書く作業をすればいいんですよ。

ブログ初心者は金脈を探すために雑記ブログからはじめるべき

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる