【PCモニター】LGの29型UltraWide「29WP500-B」を使ってみた所感

【PCモニター】LGの29型UltraWide「29WP500-B」を使ってみた所感

新しいモニターはシングルかマルチか……。

1920×1080では狭く感じてきたので、マルチで2画面使うか、それともワイドで賄うか……。悩みに悩んだ末に選んだのは、LGの29型ウルトラワイドの29WP500-Bです。

目次

ブロガーにおすすめ!LGの29WP500-Bを使ってみた所感

そんなわけで選んだのは、LGの29型UltraWide「29WP500-B」です。

解像度は2560×1080で、横幅は689mm(約70cm)。

今までは24インチの1920×1080だったので、表示領域が600pxほど増えました。

重量はスタンド有りでも4.5kgと軽いほう。VESAだし壁掛けやモニターアームも使えます。今まで使っていた10年越しの24インチが7kgくらいあるので、技術向上をひしひしと感じますね。

実際に使ってみると、600pxのありがたみがデカイ

OSセットアップで表示領域のデカさに驚く
OSセットアップで横幅広いことが一発でわかった

1920は画面分割で2枚ならべると、ブラウザはタブレット表示になるし、NotionやEXCELは書き込める表示が狭くなるし、スクロールの手間が増えて面倒だと感じていました。

29WP500は画面分割で並べても、ブラウザはレスポンシブの最大表示になるし、エディタを使うにも申し分ない表示領域となり、作業効率が増した(ような感じ)。

実際にブラウザを2つ並べるとこんな感じ。

29WP500でブラウザを2つ並べるとこんな感じ
増えた600pxにSNSのTLを挟んでもいいですね

表示領域の広さでマルチと同等。

Win11は画面スナップが強化されているので、横3分割に縦2分割したりと楽しい。

ブラウザ開きながらNotionで書くこともやりやすくなったし満足!

ただ、モニタのスペック的にはオフィス作業向けですね。

ゲーム目的だと物足りなさはあると思う

29WP500のリフレッシュレートは75Hz。応答速度は5ms。

リフレッシュレートや表示速度は、FPSなりレースゲームに使うなら物足りなさはあるでしょう。ゲーミングモニターと比べれば性能面で劣ります。

でも、こだわりがなければ問題なし。

動きが早すぎるゲームじゃなければいいし、動画なりマルチメディアで扱うなら問題ないレベル。4K動画を扱うクリエイターは上のスペックを選ぶべきかと。

もともとオフィス作業向けなので、ブラウジングやブロガー向けのスペックといえます。

普段使いで文句が出ることはないでしょう。

モニターはマルチかシングルか

モニターを新調するにあたって、何が必要なのかをずっと考えてました。

PCなり周辺機器はすんなり決まったけど、モニターはずっと悩んでいた。━━今まで使っていたのを利用し、新しく買ってマルチにするか。それとも幅広湾曲ワイドにして1つで賄うか。

幅広がですね、近隣のショップで展示がほぼなかったので、使用感に不安がどうしてもあったんですよ。あと実物の大きさね。

包まれる感じで没入感はありそうだけど、ゲームをやるわけじゃないし、ゲーミング用ほどのスペックは正直いらない。

そうなると、湾曲ワイドタイプは選びにくくなっちゃう。おまけに高いし。

1つのモニタで作業領域を増やすなら、4Kなど高解像度モニターも選択肢になる。

でも画面の大きさが変わらないわけで、動画なりマルチメディアで恩恵はあるものの、テキスト作業では文字が小さくなって逆に作業しづらくなりそう。

━━なら、平面ワイドしかなくね?

てことで選んだのがLGの29WP500というわけです。ギリギリまでHuaweiの34インチMateViewと悩んだけどね……。

正直、どっちでも後悔はしなさそうだから、安い方を選んだわけです。

16:9じゃないことの不満点

29WP500は21:9くらいになるので、当然ながら━━

HD動画なりを全画面表示させると、 表示されない部分ができるわけですよ。

ゲームは試してないけど、解像度がワイドになることで、全画面表示で不具合が出る可能性がないとはいいきれない。……まあ、ウィンドウでやれば済む話だけどね。

【PCモニター】LGの29型UltraWide「29WP500-B」を使ってみた所感

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる