火力が強すぎるコンロ欲しくない?

「チャーハンをパラパラにしたい!」の相談をみると、必ず“火力厨”がいる。

まあ家庭用のコンロじゃ仕方ないよねー……と妥協されるけど、強火力のガスコンロはあるんだよね。

目次

本物の料理好きに必要な実力派コンロ「Vamo.」

リンナイの「Vamo.(バーモ)」は、火力がウリの家庭用ガスコンロ。

4000kcalの火力は、家庭用ガスコンロでは最強の部類。

ちなみに、一般の家庭用コンロは3500kcal前後で、業務用は12000kcalらしい……。一般の2倍以上も戦闘力があるんだから、そりゃ勝てないわ。

バーモは見た目もスタイリッシュで、料理好きのために考え抜かれたコンロ。

出典:Vamo.公式サイト

料理をするだけなら、コンロに求められるのは火力とその調整をしやすいこと。料理人のお墨付きもあるほど、料理をする人にとっては使い勝手がいいのが魅力!

あわせて読みたい
dressing掲載記事 / 料理好きのステンレスガステーブルコンロ。Vamo.(バーモ) | リンナイ公式通販 dressing掲載記事。料理の歓びを与えてくれる「Vamo.(バーモ)」は、インターネットだけの限定販売!

ちょっとでも気になったら、あなたは火力を求めているはず。

バーモなら満たしてくれるはずですよ。

【Rinnai】強火力ガステーブル「Vamo.」

強火力を選ぶメリット

火力が強いメリットは、短時間で火を通せること。

よく「野菜のシャキシャキ感」とか聞きますけど、短時間で火を完璧に通すことで実現できます。

野菜の水分は細胞が壊れることで出てきます。なら壊さずに加熱すりゃいいってわけで、強火力を使い短時間で仕上げると、野菜はシャキシャキのまま火が通るわけです。

フライパンで調理をしていると、具材を入れるたび、フライパンの温度が下がります。

高火力なら加熱状態を維持できますが、弱いと加熱時間が増えるため、水分がどんどん蓄積していき、べちゃっとした感じになってしまいがち。

火力が強いコンロは、料理が好きなほど“ある悩み”を解決してくれるはず。

特に時短面でのコスパがいいんですよ。

中華料理好きならLPガス+鋳物コンロが最強

中華料理ほど火力が問われる料理もそうそう無い。

ガチで挑むなら、家庭用のビルトインコンロじゃ役不足。なら“業務用と同じ火力のコンロ”を用意すればいいだけの話……。

━━買えるんだよなぁ、業務用と同じコンロ。

使用するには小型のLPガスボンベこそ必要ですが、火力は業務用と同じですし、中華鍋が映えるコンロになります。

ボンベは買うこともできるし、使い切りレンタルする手もあります。

あわせて読みたい
LPガスボンベ(小容器)レンタル・販売・充填|プロパンガス|ELG (イーエルジー株式会社)大阪 年間約1,000本のLPガスボンベ(小容器)充填実績あり!お客様の様々なニーズに合わせLPガス(プロパンガス)をご提供。販売だけではなく、レンタル(貸し出し)や安全の...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる