名古屋駅で有名なあのオブジェを見納めする

たぶんこれが最後です(最後とはいってない)。

待ち合わせに使いにくい謎オブジェ「飛翔」

名古屋駅の桜通り出口からちょい右に視線を移すと、そこに例のアレがあります。

名駅東側はビジネス街寄り。なので街遊びなら来ることもないし、地下道で道路を渡るから、意図しないと「飛翔」を見ることってまずない。”なんのために存在するのか”?、それも知らない名古屋県民も多いことでしょう。

名古屋市制100周年の記念モニュメントだった

飛翔(モニュメント)|Wikipedia

完成したのが平成元年。そして撤去(移設)予定が2015年に浮上し、実行予定が今年の2019年らしい。ひとつの時代を見守ったモニュメントですね。

移設場所がどこになるかはまだ決定していません。リニア駅に組み込むとかやりそう。いっそ東海道線沿いの謎看板の隣に移動したらどうだ。

自動車からするとめっちゃ邪魔な存在

飛翔の邪魔さは、地図で見るとわかりやすいでしょう。なんでここに建てたのか首をかしげます。

道路の構成はロータリーぽく見えますが、信号があるのでそうじゃないです。車線も限定されるのでかなりカオスです。名駅の送迎侵入もあってよく溢れるため、渋滞の起点にもなっています。

これが撤去されると──

道路をまっすぐにできるから、流動がスムーズになる! といわれている。名古屋走りが捗りますねぇ!

平成を見守った飛翔を見るなら今のうち

桜通り口から見るもよし。セントラルタワーズから見るもよし。ミッドランドスクエアからは……見えなかったな。

駅ビルのビッカメからは、ちょうどいいアングルで見下ろせました。上から見るとほんとえぐい交差点だな……。

https://toshoken.com/news/14303