限定販売中の法多山名物「厄除けだんご(桜)」

法多山に行く理由は「だんご」が目当てなところがある。季節としては”花より団子”、それが限定販売なら”参拝よりも団子”である。

そんなわけで、買いに行くメンに便乗して「桜だんご」を買ってきました。

──参拝もしてるよ!

スポンサーリンク

桜はまだ咲き始めで遅めの静岡県

隣の愛知県はすでに五分咲きくらいでしょうけど、静岡県内の開花は遅かった印象。ニュースによると、去年より10日は遅いらしい。……たしかに近年は、4月になると葉桜が目立つくらいだったしなぁ。

法多山の敷地内も咲き始めくらい。さくらまつりを主催するには丁度いいタイミングかも。

「限定販売」で煽りに来るゥ!

1日1000個限定の「桜だんご」は買えるのか?

法多山といえば「厄除け団子」が有名で、基本は現地購入になります。地域の物産展で見かけることもありますが、輸送時の冷蔵保存の関係か、餅が固くなってパッサパサなことも。

しかし現地で買うともっちもち! これが食べやすく、そしておいしい! 止められない!

今回目当ての「桜だんご」は、期間限定で1日1000個のみ販売らしい。月イチ限定販売の「茶団子」はエグい列を形成し、早くから並ばないと買えないレベルらしい……。

参道に入ってから目立つのは、桜色したパッケージを持つ客たち。それも1人あたり10個近く持っているのが当たり前だった。近所と親類へのワイロなのだろうか(名推理)。

券売機まで来るとこれだけの列が。

列を見た瞬間、負けを確信したとかなんとか。

──ここに来るまで、100個は余裕で見ている気がするし、前にいる人達が全員10個ずつ買うとワイらが買えない可能性が微レ存? ……平日でこれだから、土日は夜明けから並ぶ猛者とかいそう。

TV局の取材も来ていた。「なんで並んでまで団子買うの?」的な質問は私もしてみたい。聞こえる範囲では、”味は?””どこから?”など、当たり障りもない内容でしたが、これから買おうと並んでる人に、味の質問をするのはおかしくねぇかと。そこの茶屋でしよう?

10時すぎに訪れて、わりとあっさり買えました

花とだんご

私の記憶では1箱500円だったはずだが、いつのまにか600円に。1000個売るとそれだけで60万の売上。ボロく思えるけど、毎日仕込んで箱詰めしたりする手間を考えれば、続けてくれているのがありがたく思えます。

団子は家に帰ってから食べました。団子がほんのり桜色をしていて、味もはんなりと桜です。もっちもちですごい食べやすい。そしてうまい!

これは1人1箱でもいつのまにか無くなって禁断症状を起こすケースや……。

3月最後の週末は法多山でさくら祭に桜だんご!

法多山さくらまつり|法多山尊永寺

http://www.hattasan.or.jp/newwp/archives/85

有名観光地(だんご)なので、電車からのバスで来ることも可能です。土日は時間帯によって混むので、自動車は渋滞も覚悟しておくこと。

もういくつ寝ると新元号が発表されるんだなぁ。

スポンサーリンク

石畳の階段はなぜここまで疲れるのか考

電車移動だと階段を登り降りする機会が多く、地下鉄は特に足腰に来ることがあります。でも神社仏閣の階段に比べると、案外そっちのほうが疲れない気がする。

それはなぜだろう……。少し考えてみた結果──。

神社仏閣の規格のほうが一段一段高いから、脚をより高くあげないといけないため、乳酸が腿にダイレクトアタックしてくると気づいた。

駅の階段は結構低く、チマチマ登らされるので毎回ダルいなと感じていました。でも低いからこそ、登り降りが多くても疲れにくかったんだなって。

週3でキツめの坂もあるランニングを1回7km走っていて、毎日合間に腕立てスクワットしたりしているんですが、都市地下鉄で疲れはしないのに、法多山の本殿へ続く階段は腿にガツンと疲れがきましたからね。なんで疲れるんだ? と思ってたもん。

一段一段やっぱり高いなと。そして修繕中だから何がなんだかわからないっていうね。

これを毎日登り降りしていると、運動不足とは無縁そうだなって。……地元の神社は階段低いから、これほどは疲れないんだよな。

コメント