物理キーボードに求めるモノ

ブログはPCとタブレット併用で書いています。キーボードの大きさはそれぞれ違うし、どうにも”幅”が違うから、打ち間違いが結構多いんです。打鍵が重いのもあるけど。

なので、なるべく同じ大きさを探しにビッカメへ。

タイピングでこだわりたい打鍵ストローク

文字を多く打つことが日常になると、キーストロークが短いほうが疲れにくい。打鍵が軽いとなお最高で、これは車の軽量化で燃費が良くなるとか、アスリートのシューズが羽根みたいに軽いとか、そんな感じ。

PCをはじめた頃はメカニカルが主流で、四角く高いキーが一般的でした。「カチャカチャッターン!」ができるやつね。でもストロークが重く、多く打つほど地味に疲れます。

今はラップトップ(ノート)PCが主流になって、キーは平らで低くストロークが短めなのが多い。ストロークは軽めな反面、ぺこぺこと打鍵している感じがなく、物足りなさも感じる。

つまり一長一短、なので選ぶのが地味に困るんですよ。だから何を優先すべきか──。

ストロークが短すぎると指先が痛くなるんすよ

ということで、薄型のキーボードに触れることが多くなり、ストロークが短いから軽い力で打てるんです。すると”疲れにくい”ことに気づいたわけ。

でも打鍵はどうしてもクセが残っていて、それが「カチャカチャッターン!」です。タイピングの力がいい感じで抜けなくて、薄型を長時間使うと指先が痛くなることも。

……でも薄型に慣れすぎて、ストローク量が違うデスクトップのキーボードを使うと、押し切れてないことが増えてしまいました。省エネに成功したともいえる。

じゃあいっそのことこっちも薄型にすんべ。そう思ってネット検索して見繕いつつ、先日当たったあぶく銭のLINE Payを使いにビッカメにいったのでした。

3デバイス切替タイプが欲しかったんだけど…

探していたのはこれです。

BT接続で3デバイス切り替え可能。iPhoneとipadも併用しているし、丁度いいと思ってました。しかし手に持ってから気づいたことがある。

ワイのPC、BTレシーバー無いやんけ……。

無線マウスの接続はなんだっけ。レシーバーは付属……してないのか。しかしいちいちスリープ移行されても面倒だしなぁ、どうしたもんか。

──そんなことを考えながら逡巡した結果、無難なUSB接続に逃げることに。

よくわからんうちにBUFFALOのBSKBU300シリーズを手にとっていた件

まあこれはこれで使いやすいです。大きさ的には13インチくらいのノートサイズかな。9.7インチのipadと比べるとこんな感じ。

少し大きい程度で、ノートブックの大きさと配列に似てるところがポイントでした。

BT接続で切り替え可能なら、キーボードの前にタブレット置いて、どっちかで資料表示・検索しながらライティングできるから、実質デュアルディスプレイにできますね。それが希望だったけど、とりあえず繋ぎにしてレシーバー買ってから、切り替えにしますかね。

展示品あったから触れたけど、打鍵がぺこぺこで好きになれなかったのもある。

新キーボードでこれを書きましたが

前のより打ちミスは少なくなった。疲れないし、ラップトップなどの配列とほぼ同じだから、運指も慣れているのですんなり対応できた感じ。少しパチパチ気になるくらいかな。まあ安いしOK。

バッファロー BSKBU300WH 有線コンパクトキーボード ホワイト
バッファロー (2017-05-01)
売り上げランキング: 36,334

でもテンキーがないと落ち着かないもんだな……。