ケツに進撃してくる「辛激タンメン 巨辛」

辛激タンメン 巨辛」はローソン限定の激辛カップ麺。”しんげき”タンメン”きょしん”と読みます。野菜たっぷりタンメンで有名な「東京タンメン トナリ」監修らしく、アレ同様にさぞかし美味いラーメンなんだろう(期待)。

その辛さを図りきらず、手を出したがゆえに悲劇が……。

スポンサーリンク

激辛に偽りなし!辛激タンメン

正直いって辛い物は得意でもなく苦手でもない。蒙古タンメンが美味いのは認めるけど、北極の辛さで美味いという人は理解できないタイプ。辛い刺激がウマイと錯覚しているんじゃないか? と思っていたりする。

辛さの中に野菜の旨味があれば許せるわけですけど、この前食べた北極ラーメンはマジで無理だった。ただ辛いだけなんだもん。

──とはいえ、妙な中毒性があるのが「激辛」の特徴でもある。

今回も私はホイホイと、パッケージを良く見ずに、「新商品!限定!」の話題だけで手にとってしまったのだった。

激辛カップ麺の蓋をあけるのは地獄の釜が開く感覚

もう辛そう(辛そう)

蓋を開けて「……野菜少なくね?」と思った。ウリはどこにいったのだろう。

お湯を入れて3分。蓋上に貼ってある”赤い油”を注ぐと──あぁこれはヤバそうですね。

粉スープがよく底にこぞむので、よくかき混ぜてから赤を入れてますけど、その時ちょっと舐めたら……ピリッじゃなくて痛かった。

熱いから痛みへ変わる瞬間を楽し…めねーよ!

赤い油がすごいビビット

辛さは北極ブラックほどじゃない。でも十分それに匹敵する辛さ。オイオイ辛過ぎじゃね? とパッケージを見たら、辛すぎるので自己責任ね★みたいな注意書きが。

まあとにかく辛いわけですよ。旨味はどこにあるのか問いたい。辛味以外が行方不明すぎる。麺も大して美味しくないし。

しかし救世主となる具が底に溜まっていた!

沈んだ野菜たちは甘く感じて、辛味を中和してくれる。ひょっとして激辛の食べ物って、野菜か何かで中和しつつ食べるのが正しいのでは?(名案)

こういう激辛カップ麺は、事前に茹でモヤシとか用意しておくといいかもしれない。ドライで入れれる野菜も限界があるしね。

麺を食べたところに冷ご飯を入れて締める伝統

かきこむ時、気管インしたのがツラかった。

コンビニは激辛ラーメンに投入するオニギリを、中に具を仕込んだりしてセット売りしてもいいんじゃないかなと。チーズ入りオニギリは普通食べないだろうけど、これに入れるなら話は別でしょ?

美味いか不味いかを問われると、判断に困るが……激辛好きの基準点みたいな存在としてはアリじゃないかな。ココイチの◯辛みたいな。

私はこのレベルの辛さを美味いとは思わない。でも世の中には美味いと感じている人も大勢いる。

感想も味覚もそれぞれ。──それでいいんじゃないかな。

ケツに進撃してきた点は激辛食のお約束です。ちなみに北極ブラックではこうならなかった覚えがあるけど、唐辛子的な辛さとは違ったせいなのだろうか。

コメント