ふと浜松市の魅力とは何かを考えてみた

浜松市の人口は80万人を切ったらしい。

住んでいる身からすると、この都市のどこに80万人もいるのだろう? と不思議に思う。休日の浜松駅前やイオンなどで人混みは体験できるものの、名古屋と比べるとやはり寂しい。……歩きやすいけど。

浜松は子育てをするベットタウンとして優秀と思います。けれど、どうしても面倒な点があるんですよ……。

スポンサーリンク

浜松市の魅力とは?

隣接する湖西市や磐田市、さらに離れた豊橋や掛川袋井に比べると、買い物に困らない点が大きい。

車なら国産は当然のこと、外車もほぼ代理店が揃っている。家具はニトリにインテリア店もそれなりにあって困らない。家電PCはビッカメエディオンその他がいい感じに散らばっている。アニメイトだってあるしサブカルも充実。薄い本は豊橋に分があるが──。

食料品は大型スーパーが多いし、24時間なマックスバリューにセイユーがあるのでいつでも生鮮が買える。漁港もあるし、生しらすが(ある程度)どこでも気軽に買えるメリットがある。飲食店も多くバリエーションも豊富。

保育施設も新規が増えており、待機児童はピーク時(H27)の3桁から2桁台に減っている。かつてに比べて統廃合で学校は減っているものの、専科の選択肢が増えて人材育成なソレに関しては成功しているかもしれない。

福祉に関しては……浜松駅から離れるほど超高齢化が進んでいる。そのため選挙ではこれをアピールする候補者が多かった。医療福祉に回す税金を得るために、それを賄える年齢層に気持ちよく体を動かしてもらおうとは考えないのだろうか。

ネックは車なしだとネット通販頼りなところ

“町”という集落は、かつてはそこだけで生活が成り立っていました。

自家用車の普及によって、大手量販店の安売りなどへ向かうのも苦ではなくなり、地域の小売店が軒並み潰れていきました。「徒歩でいける店」が少なくなったわけです。

その役目は現在コンビニが担っていますが、徒歩5分でも車で行くのが車社会の特徴です。それなら別にイオンでもよくね? ってなるでしょ。

私の住む地域は、最寄りのスーパーまで徒歩なら30分。バス使って20分(徒歩込み)てとこ。

1km10分で歩ける健脚でこれだから、ご老体だと倍近くの時間がかかる。送迎バスもあったりするけど、存在の認知がいまいちだし、利用が減れば運行もなくなる可能性が高い。

街歩きに優しくない町と感じる浜松市

市の中心部ですら歩道が狭く感じます。

すれ違いでギリギリな幅が多いし、車道の路側は線を引かれているだけの道も大半を占める。おまけに狭い。

車メインな都市だと、車の通行をメインに考えるので、歩道が二の次で狭いところが多いんですよね。特に浜松は城下町時代から区画整理や再開発もあまり活発じゃないので、メインの自動車道が広がるだけだから、歩く人をあまり考えてないように感じる。

それもあって、車を使わない観光客にとっては、移動がクソ面倒そうだなと思っている。

片側3車線もある広い道路でも歩行者信号は短め。歩くのがやっとな老人が急いで渡る姿に、それを横断歩道ギリギリまで寄って「早く渡れ」と煽る自動車は、日常に映るがdことなく矛盾を感じている。

これで福祉のどこを充実しているのか、とは問いたいところです。

新幹線で名古屋東京に出勤する高給マンにおススメな浜松

浜松は名古屋東京へ新幹線でのアクセスがいいから、代理店的な拠点としては優秀なんですよね。地方都市では大きいほうだし、企業もそれなりにある。

しかしメインとなる工業系が散らばっているし、バスよりタクシー使うほうが早いまであるので、逆に出張でくると移動費用がかさんで経理おこ案件になりそう。ITのサテライトオフィス誘致もはじめてますが、さらに僻地になるのでレンタカーのほうが安くなりまであります。

働ける場所は多いんですけど、気軽な移動手段がないのが不便。住宅物件も「最寄り駅から30分」はざらだしね。

なので車通勤がメインになるけど、自分で運転しないといけない通勤時間って、思考整理するくらいしかできないのよね。公共交通ならスマホゲーもできるし、意識高めな本も読めるし、軽い瞑想もできる。

そして「この時間を何かで潰したくてもできない」車の渋滞は、筆舌にしがたい無用な時間だと思っています。

その点新幹線なら30分以上自由に時間使えるし、秒速で稼ぐマンなら費用も動きながらガッポリだから強いですよね。あ、在来線は車両少ないけどみっちり満員ほどじゃないです。

スポンサーリンク

暮らすのに不自由は感じない──車さえあれば

津波対策の防潮堤もほぼ完成し、東海道線南側の住宅地も需要が高まっています。いっそ子育てベッドタウン計画でも進めるほうが発展しそうな気はする。

工業は部品工場が散らばりすぎているし、大手がどんどん吸収して広い工業団地にドーンと構えるほうがいいと思うのだが……。新東名の浜松スマートIC周辺がそうなりそうだけど、あの広大さは物流倉庫センターにしてAmazonヨドバシに声かけたほうが良さそう。

学校への通学は、防犯なりの関係で送迎バスが当たり前の時代なので、任せることができるし楽ですね。デカイ車を所持すると子供会で足にされるのは、今も昔も変わりません。

首都圏に比べると、生鮮(肉魚野菜)は2、3割安く家計にやさしいです。自炊するならの話だけど。

総評:住めば都

どこにでも言えることだけど、慣れればなんとでもなる

今不便に感じているなら、不便を便利に変える切り替えが大切かと思う。ネット回線はどこでも使えるし、それを利用した”新しい空気”を受け入れることができる柔軟さ──これが問われるのが地方都市じゃないかなーと。

趣味事するには完璧な立地かと思います。

車があれば海と山のアウトドアは網羅。東西のイベントにも新幹線でちょうどいける。静岡空港へのアクセスと国内線はクソだが、浜松駅からセントレア直でLCC使えば北海道に九州もはっやーいので、旅行起点としても優秀。

スポーツジムは充実しているし、習い事も探せば多様にある。公共の運動公園は少なめだけど、夜間解放している学校施設は多く、ママさんパパさんが体を動かす意味深な集まりも活発。

郊外なら5000万もだせば都内2億クラスの家が建てれる。でも進学校へのアクセスが悪くなるから要注意。それに”車が使えない想定”を常にしておかないと、有事の際に困ることになります。

──もう観光・子育て都市浜松! でいいんじゃないかなぁ……。

スポンサーリンク
記事が良かったらシェアお願いします!
スポンサーリンク
さしフィード

コメント