いつでも食卓に鶏白湯ラーメンを

業界新聞の広告で見かけた鶏白湯ラーメンスープ。エバラの商品で、約10倍希釈で使えるスープらしい。

10倍て、めっちゃ得に感じるじゃない?

魅力に惹かれた広告に外れなし!(自分で選んだ決定力もある)

業務スーパーでみかけた鶏白湯ラーメンスープの素

麺を茹でるのが面倒じゃなければいつでもラーメンが食べれるぞ!

この鶏白湯スープはエバラの商品。約10倍に薄めて使えるので、実質5リットルのスープが作れることに。


https://e-net.ebarafoods.com/netuser/products/result.html?PG02=ram04


ラーメンスープ 豚骨・白湯 |エバラe-net club

薄めた状態を舐めると……確かにぱいたん系だわ……。

野菜炒め+太麺だけでもう間違いない

スーパーで目に止まった生太麺に、処理に困っていた春キャベツなどを炒め、10分程度で高クオリティなラーメンな出来上がりました。

野菜炒めを入れることでヘルシーさをアピール(焼け石に水)

いかんいかんいかん、これはハマると体に脂が貯まっていく系だ(貯まりました)。

スープは推奨の10倍だと薄そうだったから、濃いめに調整してみると結構塩辛い……。薄めでも野菜を入れて煮込めば、旨味も出て丁度よくなりそう。

アクセントが欲しければ食べるラー油とか焦がしニンニクを

ラーメン屋の鶏白湯のように、カエシなど隠れた味は自分で足す必要があります。面倒だけど、そこが面白いところだし、無限大のレシピが作れる予感がする。

少し残念なのは、肉の甘みが溶け出した感じがないところ。

脂によるとろみを再現しようとするなら、親子丼向けにカットされた胸肉を薬味と合わせつつて炒めてから、スープを入れてちょい煮込み。

丼に麺を持って煮込みスープを上からかければ、本格派っぽいラーメンが作れるのではないかと。

濃縮タイプだしアレンジも万能

このスープは、長崎チャンポンなどの野菜あんを作るのに向いていると思う。

もともと業務スーパーで見つけたし、飲食店でも使っているところはあるんじゃないかな。無難にうまいのが作れるし、私は歓迎します。