リニューアル後の食彩村にいってきた(豊橋市)

2週間くらい前にリニューアルを終えたようなので、野菜を買いにいってきました。

さてどんな風になっているのやら……。

隣には道の駅とよはしも

リニューアルってレベルじゃねぇぞ!

豊橋市にある「食彩村」は、浜松市から車(以外は地獄)だとバイパスで計30分ほど。

あぐりパーク食彩村

バイパスとはいえ、潮見坂と七根から先がよく詰まるし、今回は10連休の初日だしで、R42から無難にいきました。想像していたより車は少なかったです。

そんなわけで順調に到着。

駐車場が2倍くらいになってて停めやすく

なんか色々増えてんな……。元の姿が思い出せんぞ!

店内が広くなっていました

店内に入って違和感を感じたのは、今までと真逆のレイアウトになっていたこと。でも広々とした感じ。以前よりも通路のスペースが開いたのですれ違いも楽になりました。……真ん中に居座られない限りは。

休日は人多すぎィ!

野菜コーナーが散らばっているので、探しにくくなったかなぁと。魚と肉は独立して業者入りしたようで、以前より品数が増えましたね。こっちがメインになったんじゃないか説まである。

天井から生えている蛇腹の筒は空調です。これが地味に私の頭にヒットするし、近いからモロに風があたったり。洗髪後の乾燥には良さそう。

わざわざ浜松から行く理由

農協直営のファーマーズマーケットは浜松にも多いんですが、地域別で特色が違うので、アレが欲しいからここ、コレが欲しいからあそこ、と──渡り歩く必要があるんですよ。

食彩村は農業地帯に鎮座しているし、敷地面積も広いので、種類が豊富だし値段も安い。路地野菜の数ならこちらが上かな。

ハウスなど水耕栽培は浜松のほうが多い感じです。

併設の道の駅は5月26日オープンらしい

ここを走るバイパスは、このまま西に行けば名古屋の手前まで行けるし、東に行けば浜松を過ぎて静清バイパスまで繋がります。実質トヨタ系列の物流道路みたいなもん。

整備が進むほど交通量も増えています。でも休憩場が全然ないデメリットもあった。

オープン前の道の駅とよはし(5/26から)

そこで整備されたのが「道の駅とよはし」。東西の中継地点としては、申し分ない場所にあります。潮見坂と比べれば駐車場も広いしね。

上り下りで駐車場が分かれるぽいけど、それは地下道が連絡通路になっているよう。

道の駅のオープンは5月26日。これはこれで何を取り扱うのやら。

View this post on Instagram

洗車機のモップ観察٩( ‘ω’ )و #洗車機 #車 #wash

さししさん(@sasisi344)がシェアした投稿 –

帰りは洗車してみたり。試しにスローで撮影してみた。

コメント