はじめてコナン映画を劇場で見た(紺青の拳)

10連休の最終日、私は悩んでいたことがあった。

ひとつはMVNOのこと。もうひとつはシンガポールとコンサート……どちらをみにいくか。まあタイトルでオチてるけど。

そんなわけで劇場版のコナンを、はじめて劇場で見たオッサンがここにいます。

スポンサーリンク

そもそものきっかけは金ローで「ゼロの執行人」をやったこと

上映期間中はコナン映画の記録を塗り替えていたし、興行収入も歴代ランクに突っ込もうかという勢いだったので、話題は耳にしていました。でも実際見ることはなかった。

んで1年が過ぎ、地上波放送をみて、もう見事に釣られましたね

円盤が出ているとはいえ、公開1年後に地上波で流すのは、だいぶフットワークがいいなと。そしてその戦略に見事にハマったやつがここにいるわけだし、2019年公開の作品はまた記録生み出しそうだし──。

コナン映画ってすごいんだな(今更感)。

シンガポールにいってきまー

私はネタバレを恐れないほうです。むしろ先に内容知るほうが、上映中に入れる情報量が少なくすむし、チカラ抜いてみれるから好きです。

そんなわけでSNSで度々みかけたシンガポール行きのチケットを、私も開示したのであります。

連休最終日、21時前のレイトショー、雷雨ワンチャン……など、集客にはおよそ向いてない天気でしたが、公開1ヶ月がたつ作品とは思えない着席数だった。

スポンサーリンク

かいつまんで「紺青の拳」の感想を

  • 「とりあえずお約束からやっておくか」感がする開始数分の爆破で草。
  • 犯人とドンデン返しはわかりやすい。
  • 男性陣→かっこいい 女性陣→かわいい 小五郎→ダメな大人の見本
  • 京極サンの人間やめてる感。生身で聖杯戦争戦えそう。
  • 経済都市シンガポールを破壊できるのは、空想かつアニメの強みかと思う。実写だとCG班が死にそう。
  • 【事前情報通り】前髪をおろした園子が乙女すぎてヤバイ【知ってた】
  • 最後のオチが推理パートよりも意外で、一番ビックリしたシーンだった。
  • 来年は名古屋市を爆破しにくるのか……。

コナン映画のすごいところは、”お約束”の展開が続くシリーズ物なのに、マンネリを爆破やアクションで打破しつつ、その魅せ方が年々洗礼されているから、登場人物の好みは関係なく、単純にエンタメとして面白いところ。

紺青の拳は「京極サンがマリーナベイ・サンズを青く光る拳でぶっこわすのかな?」とマジで思っていた。近いことはやってたけど。

推理パートは相変わらずダルいが、まあとにかく破壊ルートに入ってからの勢いが面白い!

……あ、キーキャラのキッド様も目立ってましたが、高校生バーローのまま肉食なLANねーちゃんと少し距離をとっているのが、紳士っぽいなと。

劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』

次はコンサートホールをみにいくぜ!

紺青の拳はもう一度みてもいいくらいの良作でした。

次は「劇場版ユーフォニアム!誓いのフィナーレ」をみにいこうかと。ちょうどシネマイレージのポイントもたまったし、コマフィルム配布もあるし、完璧なタイミングだね!

ただ上映館が少ないのがね……。

今年は7月に新海作品が来るので、アニメ映画のカテゴリは熱い年でしょうね。

コメント