楽天のサイトで起こる400エラーの回避方法

楽天グループのHPを閲覧中、「400エラー」になることはありませんか?

これはアフィリエイトのリンクを踏んだのち、Cookieの期限切れで起きやすい問題。対処は簡単、楽天のウェブページに関するキャッシュを全て消去すればいいだけ。

なので、「楽天だけのウェブキャッシュを消す方法」をメモしておきます。

スポンサーリンク

「キャッシュ全消去」が一番手っ取り早いが…

サイト別でサービスを円滑にする情報──、例えば楽天トラベル関係で、旅行に行くぞと「目的地・出発点・希望日時・人数」などを入力していた場合、キャッシュを消去することで、「……泊まるホテルどこだっけ?」みたいなことになるかも。

それで困ることはあまりないけど、楽天でよく起こる「400エラー」は、ページ移動でいちいち登場するため、くっそウザいですよね。

この状態になったら、ブラウザの設定からキャッシュクリアをすると直ります。

ここではChoromeを例にしてますが、他のブラウザでも個別キャッシュクリアのやり方はほぼ同じです。

【Chrome】ウェブキャッシュ消去を楽天だけする場合

プルダウンから「設定」を選択

プルダウンから「設定」を選択

まずはchromeのプルダウンメニューを開き「設定」を選びます。

一番下までスクロールして「詳細設定」を選択

一番下までスクロールして「詳細設定」を選択

いろいろ設定が出てきますが、一番下までスクロールして、「詳細設定」を選択。
リストから「サイトの設定」を選択

リストから「サイトの設定」を選択

”プライバシーとセキュリティ”から「サイトの設定」を選択。
「すべてのサイトに保存されている権限とデータを表示」を選択

「すべてのサイトに保存されている権限とデータを表示」を選択

”サイトの設定”から「すべてのサイトに保存されている権限とデータ表示」を選びます。
検索窓で「rakuten」と入力し、表示されるデータをポイポイ捨てましょう。

検索窓で「rakuten」と入力し、表示されるデータをポイポイ捨てましょう。

サイトごとのキャッシュはここで消去することができます
画像は”yahoo”で検索していますが、右上の検索窓で「rakuten」と入力してエンター。すると、rakutenドメインのキャッシュがすべて表示されます。

あとはrakutenのデータを全て消去したあと、再びウェブページにアクセスすれば、400エラーはでないようになっているはずです。

応用すれば都合の悪い閲覧データも消せますよっと

今まではキャッシュを全部消すと、ブラウザ上のフォームで記録されていたパスワードも消えて大惨事になりましたが、今はパスワード入力アシストがあるので便利ですね。

なのでブラウザで「キャッシュ全消去」を選んでも、以前より困らないようになったかな。

キャッシュを消すのは、サボリの記録など”やましい履歴”を消すときにも役立ちます。……まあ、プライベート機能使うほうが楽ですけどね。

シークレット ブラウジング - Android - Google Chrome ヘルプ

でも会社内LANのアクセス監視ログには残るので、証拠を隠滅するのはほぼ無理です。

サイトでCookieエラーがでた時のまとめ

Cookieやウェブキャッシュが起因のエラー(400 Bad Requestなど)が出る時は、ウェブキャッシュを全て消去するのが手っ取り早いです。

この記事は楽天を例にしていますが、主要ブラウザ(IE(edge)・Chrome・Firefox・Safari)どれでも”設定”から”履歴”を選に、閲覧データを全消去すればいいだけ。

HDDや内蔵メモリの節約にもなるし、ウェブ閲覧も心なしかスムーズになるので、定期的なクリアをおすすめします。

コメント

  1. I am no longer certain where you are getting your information, however great topic.

    I must spend a while finding out more or figuring out more.
    Thank you for magnificent info I was on the lookout for this info for my mission.