iPhoneだとメルペイが便利なことに気づいた話

キャッシュレス化による「◯pay乱立」が止まらない! 一体どれを使えばいいんだ!

とお嘆きの世の中……。規格統一の流れはあるけど、ユーザーを囲んで「ウチで使え」と圧迫してくる店舗・サービスが多いのは、今も昔も変わりませんね。私も「◯%還元」で一通りインストールして、本当に便利なのかと”支払いの利便性”を考えていました。

……案外、メルペイが覇権をとってもおかしくないんじゃないか?

スポンサーリンク

個人取引のジャングル「メルカリ」と実店舗で使えるメルペイ

メルペイの便利なところは、フリマアプリの「メルカリ」と実店舗で使えるところ。決済方法は「iD」で行われるため、ほぼ全てのコンビニに対応している利点があります。

かざしてお支払い iD

メルペイが登場するまで、メルカリの売上は振込申請で現金化するか、そのままメルカリで使うかの選択しかありませんでした。振込はもちろん手数料がとられるし、”すぐ”ってわけにもいかないので、同サービス内でしか金が回らない感じでしたね。

メルペイが登場することで、ポイント購入からiDでの支払いに利用できるようになりました。銀行口座と連携すればポイント購入もいらないので、さらに利便性が高まります。

今までは振込申請しないと実店舗で使えなかったのが、売上が発生した直後から、iDが利用できる店で使えるようになったのはデカい。

なぜ現金化にこだわるのだろうか?

メルペイのおかげで、売上がすぐにiDで使えるようになりましたが、それが使える店が限定されているため、現金のが便利なのは明らかです。

キャッシュレスの不都合な点でよく挙げられるのが、「使いすぎるのではないか?」って疑い。

クレジットカードは利用限度額が設定されているし、どのみち登録口座から引き落とされるだけなので、使いすぎるも何もナイと思いますが、おそらくキャッシング枠のせいでしょうね。利用すれば二重で徴収されるため、”使いすぎた”と錯覚するのでしょう。どのみち自己管理が甘いだけ……ですよね。

今主流のキャッシュレスは、銀行口座と連携して、そこにある金額からチャージするだけなので、使いすぎる心配が全くない。クレカと連携しても限度額は生きるし、「どうやって使いすぎればいいの?」と不思議に感じます。

銀行ATMでいちいち金をおろして手数料ガー!にならないのに

私は現在のキャッシュレス化の流れは歓迎しています。

だって給料などは銀行に振り込まれますよね。何か買い物をするたびにATMを利用していれば、手数料がもったいなくないですか? ……無料もあるけど、特に10連休みたいに休日が長いと、急な入り用で困ることもあります。

電子取引がずっと便利になっているのに、口座に金があるのは残高で証明されているのに、なぜそこに”信用”がないのだろうか。そこまで銀行って、疑わしいことしているんですかね?

スポンサーリンク

キャッシュレスは利便性を追求すべきでは?

数ある「◯pay」は今のところ、コンビニでチマチマ買う飲食などに使っています。デカイ還元があるならそこで大きい額を使えばいいんだけど、それは一時的なサービスだし、”次があるかわからない”から、期待しすぎるのも買い渋りになります。

日本でキャッシュレスが進まない理由に「釣りの計算が誰でもできる」があるようで、なるほどなぁと思いました。私は小銭をいちいち出すことがなくなるのと、銀行口座と連動しているから「ATM行かなくてええやん?」の理由があります。

スーパーのレジはいつもタイムアタックで、列が長い時は小銭を選んで出す時間もおしいほど、後ろからの圧がぱないこともあります。……こんな時、クレカでシュッと終わるのは楽。そういう小さな利便をキャッシュレス(電子決済)で推すべきと思いますが、スタートで還元を浸透させたため、もうすっかり「お得」が根付いてしまった感じがします。

乱立するサービスで利用店舗がわかりにくい不具合

QRコード決済の利点は、ICよりも初期投資が安く済む点。機器を導入する資金もままならない店舗でも、QRコードをプリントしておけばいいだけだし、コミケなど即売会だったり、無人の野菜販売でも決済できる利点があります。

一方、店側の営業心理としては──。利用ユーザーを当店舗だけで買わせる動きが働いていますね。

これはポイントカード時代からの、チャージ式プリペイドでも流れはありました。交通ICカードもそうでしたが、相互利用できずに何が便利だと。路線ごとにカードが必要になるなら、他県に行くだけで何枚必要になるのだろうか。そこを一本化したのが相互利用で、suica1枚でほぼ全国どこでも乗れるようになったのは強いです。

楽天のような1社で巨大すぎる市場をもつなら、1限でも買い物に困ることはないですけど、地方限定のプリペイド形式が全国で使えないのは不便です。地銀だって全国どこでもおろせるのにね。

今のとこ「PayPay」「LINEPay」「メルペイ」が3強らしい。

これからは大手銀行の規格も入ってきたりと、まだまだユーザーを振り回す気マンマンの業界ですが、いずれ落ち着くことを願っています。それらを集約するサービスも生まれそうですけど、運営するための費用と利用料を考えると、取引価格をあげる動きもないとおかしいしね。

コメント