Win10のリカバリディスクをAndroidスマホでなんとか作ろうとした話

金を使いたくない月は、運命がいたずらをする。

そんなわけで金欠時に、Windows10さんがクラッシュしてくれました……。

自動修復の際にスタートファイルが壊れたらしく、バックアップからの復元も無理になった。これは再インストールしたほうが早い──が。

リカバリディスク作るの忘れてたワ(うっかり)。

それでも、それでもAndroidスマホなら、なんとかできそうな予感がする。USB接続で外付けHDDとして認識されれば勝ちだろ!

スポンサーリンク

AndroidスマホでWindowsのブートディスクを作ることは可能か?

結論:(私の知識では)無理でした。

Windowsのリカバリディスクを作成すること自体は簡単。MicrosoftのHPでディスクイメージをDLすることができるし、使用メディアもDVDディスクかUSBメモリから選択することができます。

ふむ、ディスクイメージがあるなら、Androidスマホを外付けHDDとして認識させて、リカバリディスクとしてWindows上でマウントさせることができれば、イケるのでは……?

でも起動ディスクとして使えませんでした。

原因としては、BIOS起動時にOSディスクとして読ませる「Autorun」など、ディスク自動再生情報が使用デバイス固有で書き込めないため。

OSインストール時のブートドライブに指定しても認識しませんでした。ならばとisoを直接USBに書き込むアプリを利用してもダメでした。

なのでガチ対処するなら、Autorunのバイナリデータを外部USB経由でブートするように書き換えすることができれば、Andoroidスマホをリカバリーディスクにしておくのも可能かもしれません。

まあ素直にWindowsで作ったほうが早いけどな!

手元にWindowsPCがない状況で修復の糸口を探す

Windowsを修復か再インストールするなら、リカバリディスクにCD・DVDなど光学メディアを使うか、起動ディスクにしたUSBメモリを使うかになります。

私のPCに光学ドライブはないので使えない。USBメモリはあるけど、リカバリディスクを作るためのWindowsが死んでるので、新たに作成できなくて詰んでる──という状況。

セーフモードにも行けないため、ソフトの不具合をピンポイント処理することも不可能。復元ポイントによる自動修復もダメ。HDD上にあるOSイメージの完全バックアップも「そんなのないよ」と知らんぷりされる。

…………あれ? これ完全に詰んでね?

別にPCがあれば、それでUSBブートディスクを作ればいいだけの話。運悪くラップトップもお亡くなりになっていたため、外部からの手助けなしでは再インストールも無理な状況

こうなったら、Androidの可能性にかけるしかない。

Androidスマホでリカバリディスクは作れるのだろうか?

手元にはiOSのiPhoneとiPad。AndroidはFireHD8とOPPO R15Neo。

iOSはクソケーブルだし、Windowsでストレージ内を覗くのも面倒だから融通がきかないので眼中になし。

AndroidスマホはUSB接続で簡単にストレージを見れるため、WindowsのイメージファイルをDLし、展開してブートディスクの作成までやれそうな予感はする。

調べてみたら”できるらしい”的なことは書かれていた。「できる」じゃなくて「できるらしい」がミソ。

Androidスマホをブートディスクとして認識させるのは無理だったので、スマホにUSBメモリを接続して、USBメモリにブートディスクを展開させる手法を取ることにした。

しかしスマホに挿すためのケーブルがない……。

ついでにぶっ壊れた疑惑のビデオカードも欲しい。わざわざ雨の中で電子製品を探しにいかねばならないのか……。

大雨の中、家電屋をハシゴするマン

とりあえず午前中はビデオカード探し。OAナガシマで都合よくほぼ同じGT710があったので買い、帰って換装してみたらOSの動作には関係ないようで、次の対策を求められた。

Androidにてブートディスクを作る流れに足りないのはUSBメモリと接続ケーブル。ケーブル自体はコンビニでも買える物。とはいえ買うなら家電屋のほうが安いし選択肢もある。

そんなわけで、ビッカメ浜松で一通り揃えました。……ここからが本当の戦いだ。

AndroidスマホでWindowsのブートディスクを作ろうと参考にしたサイト

https://pc-chain.com/windows-install/414/

Windowsでリカバリディスクを作成する確実な手順はコチラ。

https://sasamatsu.hatenablog.jp/entry/2016/08/29/173255

私と考えていることは同じでめっちゃ参考になる! ……と思いきや、オチも同じでした。

Androidでisoマウントして中のファイルを移しても、ブートディスクになるほど優しい世界じゃないんすよね。さすがにUEFIは用意するのが面倒なので、より堅実な方法をとることにしました。

冴えたやり方:WindowsのノートPCをかりてUSBブートを作成する

これも無理だったら、メルカリで安いデスクトップ買うしかねぇな……と思ってましたが、近くの友人からノートPCを強奪し、USBメモリでブートディスクが作成できたので、OSの再インストールもつつがなく完了しました。

https://jp.answers.acer.com/app/answers/detail/a_id/45294/~/usb

USBブートはBIOSの設定をいじる必要があります。最もシンプルで確実な手順があったのはこちらのサイト。私のverだとパスワード設定はいりませんでした。

以前とほぼ同じ構成まで復帰したけど、Cドライブに20GBも空きがあって快適やぞ!(前は2GB)

やっぱりWindowsサブ機があるほうがリカバリも早い

OSクラッシュの原因は、HDDの不良セクタに巻き込まれるパティーンが多い。なので別マシンでHDDチェックを走らせるのが定番でした。

が、今は大容量HDDにPCイメージをバックアップしておいて、自宅鯖に定期でぶちこむようにするのが無難やなと。リカバリディスクもHPから作成できるので、もしそれがなくても、別マシンがあれば簡単に復帰できるとわかりました。

よってクソスペックでも、Windowsのサブ機があるほうが早い!

ということで、今年の目標は窓と林檎のラップトップを買うことになりました。もともと窓PCは買う予定だったけど、なあなあで後手に回していたらこの有様ですよ。

今回のOSクラッシュで学んだこと

  • バックアップは大事
  • リカバリのディスクは円盤とUSBメモリで用意しておくべき
  • 困ったことをそのまま検索ワードにすれば大抵解決する

ネットの知識袋は偉大やで……。ブルーバック時のエラーコードで検索すれば、症状と解決法が出てくるし、故障原因がハードなのかソフトなのかもわかりやすいです。ただし、一瞬の表示だったりするので、それを記録するのが難しいんですけどね。

XP以前の再インストールは、HDDの転送速度やCPUが遅かったので、半日作業になることもザラでした。それが1時間もあればほぼ前構成まで復帰できるようになり、10数台のマシンにOSインストールするバイトも、作業が濃縮するためチョロい案件じゃなくなりましたね。

他のリカバリ方法に、AndroidOSをぶち込むことも考えてましたが、「それをしたところでどうなんの?」と気づいたのでやめました。開発者でもない限り、デュアルブートにする必要もないなと。

今回の件で一番無駄だった出費

Androidでisoマウントする際、どうしても有料アプリじゃないとできなかったので、これが一番無駄な出費でしたね(300円ちょい)。

USBメモリとスマホをつなぐ「microUSB-USB」のケーブルも、100均で買えるのに念の為エレコムのケーブルを買ったけど、これも無駄に。USB延長ケーブルとして後生控えていただきたい。

ビデオカードも結果的には必要なかったけど、ぼちぼち限界だったろうし都合がよかったなと。ファンレスモデルにしてPCが静かになりましたが、今夏を乗り切るかどうか不安です。涼しくなってどうぞ。

……こうして知識が増えていくと実感しています。でも次はいつ披露することになるのだろうか。

コメント