iPadOSの使いやすさ次第でMacbookがいらなくなりそう

iPadOSの使いやすさ次第でMacbookがいらなくなりそう

春頃にAppleが「iOS13を秋に出すぜ」と発表してからつい先日、開発者向けのリリースが開始されたらしく、林檎関連のニュースが活気づいています。それと同時にiPadは独自OSの「iPadOS」に切り替わり、マウス対応になるため、物理キーボードを装着すれば、タッチパネル機能有りのラップトップPCに変化します。

iPadPROのスペックなら、MacBookを選択する理由もなくなりそうかなって。

スポンサーリンク

iPadOSで一番目立つのは「マウスが使えること」

ラップトップ(ノート)PCはタッチパッドなど、手元でマウスカーソルを動かすことができますけど、タブレットは”触れる”ことで選択するのが前提の仕組み。タッチパネル操作は画面に直接触れるだけでいいから、直感で使い方がわかりやすいメリットはあるけど、事務仕事には向いていなかった。

Excelのようなソフトで困ることは少ないんですけど、テキストエディタを使う場合、タッチパネルは「範囲選択」がかなり面倒な仕様です。

私はPCとiPadでブログを書いていますが、できればどちらか一方だけで完結させたい。だってそのほうが手間は減りますしね。でもタッチパネルだと文章の引用をする場合、画面長押ししてちんまいセレクターをうにょんと伸ばして離してコピーを選択。エディタに戻って長押しからのペースト──って流れで引用できます。

iPadOS
iPadOSは、Slide OverとSplit View、Apple Pencilへの対応、テキスト編集、キーボードなどを新たに強化して、iPadをもっとパワフルで、もっと高性能なデバイスにします。

これがもしキーボードがあるとすれば、シフト押しながら矢印キーで選択「Ctrl(Appleはcmd)+C」からのCtrl+Vで済むので楽。マウスでも左クリックを押しながら選択できるので、ショートカットキーとの合わせ技で作業は捗りやすくなります。

ショトカキーを駆使すればマウスもいらないんだけど…

PCの仕事効率術を書いた書籍は、大抵「PCのショートカットキーを駆使しろ!」とあります。まあ誰が教えてくれるわけでもないし、Excelなどアプリケーションごとに少し仕様が違ったりするので、全部覚えるのは面倒くさいのもある。

だってショトカ覚えなくても、マウスの2ボタンで大抵のことができちゃいますしね。

でもそれが仇になるのがラップトップを使用している時。タッチパッド(トラックパッド)でカーソル移動とボタンを同時に操作するのは結構難しい。なのでマウスに逃げるパターンが多いわけですが、アプリケーションだけ使っている場合だと、キーボード操作だけで十分なんですよね。

マウスは適当な検索用語でサボる時に向いています。キーだけでもブラウザでどこそこのリンク選択はできますけど、こればかりはマウス使うほうが楽。

販売終了になるMacBookくんたち

12インチMacBook、販売終了。華々しい登場から4年、生き延びたMacBook Airの影で - Engadget Japanese
アップルが、2015年に初代モデルを発売した12インチMacBookの販売を終了しました。当初はMacBook Airを置き換えるモデルになると思われた無印MacBookは4年で姿を消し、MacBook Airには本日(7月9日)、新モデルが登場しています。
Apple、MacBook Air 2017と12インチMacBookを販売終了 Retina化とThunderbolt 3搭載完了
2つの旧モデルが一掃されたことにより、MacBookのラインアップは全てがRetinaでThunderbolt 3搭載となった。

iPadは物理キーボードもオプションで選べるため、新OSでマウスが使えるようになると、「タッチパネル機能のあるMacBookのような存在」になるんですよね。私はそれに期待しています。

タッチパネル機能のあるラップトップの強み

前年にボタンレスのiPadPROが登場したりして、絵描きのマシンパワーが当時では最高レベルに達したりと、オカシイ進化を遂げています。これもキーボードが選択できるので、「文字を入力できるし直接書くことができる」ことが強みになります。

まあこれが役立つシーンは、写真なり書面データにメモを残したりする時。書籍の編集だと”注釈”を入れる場合、文字原稿をプリントアウトして直接ペンで書き込むほうが速いです。たとえデータ取り込みしても、タッチパネルじゃないとペン入力はできないし、画像編集ソフトで文字を書くことはできても手間がヤバイ。

なんでもかんでもデジタル化が進められていますが、手書き入力のほうが便利な時はあるんですよ。でもアナログとデジタルを共同利用する考えは手間と思われている節もある。

「タッチペンないと仕事なんないよ~」とかなりそう

画面に直接書き込めるPCがあると、誰かに説明する時に役立ちますね。書類も赤ペン添削できるし注釈も簡単に書き込める。スクショで取り込んで書いてもいいし、カメラで撮影してから書いてもいい。ビデオ会議なら画画面共有で「ここやで」と印がつけれるし──。

タッチパネルが無い時と比べればこの辺がかなり便利になっていますよね。今後はタッチペンありきの世の中になっていきそうだなって。

「エクセル最強時短仕事術」は、ショートカットを駆使したセル移動・指定・関数入力・メニュー指定など、キーボードだけで操作できるのを重点にしてます。アプリケーションのショトカはほとんど”共通している”ため、Excelのショトカキーをほぼ覚えるとブラウザだったりPhotoshopでも役に立つことがあります。

この本は読んだなかでも、わかりやすく書いてあるほうだし、要点絞ってたから情報が入りやすかったのでオススメ。iPadで表計算を触る時、キーボード操作のほうが楽だし速いから、セル間移動の方法が参考になりました。

コメント