【使ってみた】Inateck iPad 第6世代用キーボード

iPadの物理キーボードはロジクールの製品を使っていました。それが度重なる故障で、保証修理じゃなく交換していくたび、どんどんグレードダウンしていくし、交換までの日数がかかっていくのが面白かった(真顔)。

「もう別のにしよう」、そう決めて選んだのが「Inateck iPadキーボード」です。

Amazonプライムデーを待って、セール対象じゃないことを知ってから買いました。10インチのPro用はセール対象だったけどね……。向こうのほうが残ってるんだろなぁ。

【使ってみた】InateckのiPad第6世代向け物理キーボード

これを選んだ理由は主に2つ。

  • ケースとキーボードが一体型
  • DELキーの上にロックキーの罠がない

まず(1)については、この前に分離タイプを使っており、テーブルに本体置いて膝上にキーボードを載せてで、打ちやすかったんですけど、タブレット画面を相手に見せたい時や、Apple Pencilを使う時にキーボードが邪魔になります。

一体型はキーボードとケースを折りたたんでひとつにできるから、スッキリするんですよね。こんなふうに。

分離タイプでこれをやるとキーボードが地面に落ちて「あああああああああああああッ!」ってなる。

(2)については、メルカリで見つけた1,000円のBTキーボード(ケース型)を買ったら、エンターの真上にロックキーがあって、キーも全体的に小さいから、”ついでに”押すことが多かったんです。だからエンターキーの上に余計な物がないやつを選びました。それがこれです!

どうです? 案外くだらない理由で買っているでしょう?

キーストロークは多めだけど軽いし質感があっていい

Inateckのキーボードは、今まで使ったロジクールの製品より、キーストロークは長め。打っている感があるしそれがクッションになって、疲れにくいです。

キーボードの見た目は「Zenbook」とか「Sureface」あたりのオサレボディに寄せている感があるし、それなりに”見た目補正”は高いです。でもファンクションキーがないので、それをショトカ多用するアプリを使う場合は向いていません。……まぁiPadでその出番はほぼないけど。

BT接続でバッテリー駆動だし、ボディに磁石で「カチッ」とならない限り、キーボードの電源が入らないのは便利です。ペンタブとして使う時にバッテリー浪費しないのは助かる。

安すぎず高すぎずのいい値段設定でハズレ感はナシ

これを買って損したとは思っていません。しいていえば、ペンホルダーがあるほうがよかったかな。でもそれを選ぶと、エンターの上に罠があったんだよね……。まあワイルドにテープでケースに貼り付ければ解決するしね!

10インチと9インチの2種類があるので購入する際は気をつけてください。Pro用10インチがプライムデーの対象だったので、そっちのほうが人気ないんだろなぁと。秋にはiPadOSが登場するので、さらにラップトップ化が進むことになるし、キーボードはおすすめですよ。

バックライト付きもあるし、地味に種類があるので購入する際はよく確認してね!

そういえば「天気の子」で、夏美が車内でタブレットのソフトウェアキーボードですらすら入力していたな。あのシーンはなんだか印象的だった。私は物理に慣れているので、ソフトウェアは指が痛くなるしタッチ反応が襲いから疲れるんですよね。

その点ネイティヴ世代は、それに慣れているから違和感もなにも、”当たり前”なんだろうなぁって。

コメント