浜松ナンバーに危険運転が多いことを実感する浜松市民並の感想

浜松ナンバーに危険運転が多いことを実感する浜松市民並の感想

とあるツイートで悪質運転が多いナンバー第一位が「浜松」と知りました。

イチ浜松市民である私はこれに対して反論!────するわけなく、「せやな」と頷くしかなかった。ここ数年はホントに運転するのがしんどい……。車は事故ると損害がヤバイし、満員電車のほうがマシと感じている。

スポンサーリンク

浜松ナンバーを見たらブレーキに足をかけろ

今記事の元ネタはこちら。

情報源ソースはよくわかりませんが、各ランキングの理由もわかるし実感できます。これによると”やべぇ運転する奴が多いナンバー”は「浜松」らしい。……うん、実際に住んで運転もしている私にとっては、納得のいく結果でした(?)

そう感じる理由を少し挙げると──

  • キープライトが多すぎる
  • 交差点前で左ウインカーを出すと後ろが加速してくる
  • 一定のスピードで走れない
  • ゆるいカーブでもセンターラインを越えてくる
  • 基本的に浜松っ子は自己中

ひとつずつ理由を説明します。

浜松ではキープライトが当たり前と教えているのだろうか?

左側通行の道路では、通行車両は左側に寄って走行することが、道路交通法第18条1項・20条1項で定められています。これが「キープレフト」ですね。キープライトは車線の右側、つまりセンターライン沿いを走行することをさします。

なぜキープレフトが法律で決められているのか?

考えるまでもなく、左側通行の国でセンターライン沿い(右側寄り)で通行すれば、ミラーがぶつかる可能性が高まるし、オフセット衝突で命に関わる事故の原因にもなります。浜松は静岡県内でも道路がかなり広いほう。大型でもセンターラインを越える必要はないくらい。ましてや普通車クラスは意図的じゃないと踏むことさえ難しい、はず。

せめて車道の中央に位置すりゃいいのに、センターラインぎりぎりに右車輪を合わせるアホが多すぎる! 大方その理由はわかります。「前の車が邪魔で先が見えねぇ」とか思ってるんでしょう。

車間を十分にあければ先の先まで見えるんですけどね……。もしかして右に寄ってミラーにアピールして「どけよ」と暗に脅迫しているんですかね。んでキープライトしているバカは、大型とか向かってくると左に寄るんですよ。何がしたいの? ずっと左にいればよくない?

これを電車通勤勢に説明すると、自分の背後に少し軸をズラした得体の知れない人が、同じ歩行速度で着いてくる状態です。ストーカーかな?

交差点で左ウインカーを出すと後ろが加速してくる

曲がるために減速するので、”そう見えてしまうのでは?”と思う人はいるでしょう。──そうじゃないんです。マジで加速してくるんです。その理由は追い越しですね。

例えば私が左ウインカーを出して次の交差点で曲がりたい場合、後ろの車は交差点内でもラインを越えて、追い越しをかけにきます。交差点前、内は追い越し追い抜きも禁止なので、見つかれば違反切符を頂くハメになります。車間開けていればアクセル抜くだけで対応できるのに、わざわざ自分から捕まりにいくのか……。

面白いのが、長い直線で煽ってくるバカをパスするために、左ウインカーを出すと追い抜いてこないところ。……こっちは対向車が居ない状況を選んで、わざわざウインカーを出して譲る意思を出しているのに、まず前を確認してから追い抜くので、ワンテンポ遅いんですよね。

車間を詰めるバカは、どうして欲しくてそうしているのだろう……。まあ大体そういうヤツをパスすると、次の信号で追いつくから笑える。

浜松っ子は一定のスピードで走れない

100人中100人が信号で同じ加速をし、同じ制限速度を守り、同じ巡航速度を守るのであれば、渋滞はほとんど起きません。なので自動運転がメインになるだけで渋滞はかなり解消されます。

なぜ渋滞してしまうかは、人は自ら考えて行動するからです。

おまけに道路は平坦ではなく、アクセルは一定に踏んでいても、起伏によって車速が増えたり減ったりもする。そのポイントを「サグ部」といい、渋滞の原因とされています。坂道が前方にあるなら、アクセルを今より多く踏んで平坦と同じ速度を維持しろって話。

浜松っ子は自己中が多く、それは運転の姿勢にも表れています。辛辣にいうと、他人のことを一切考えていないヤツが多いことになります。思いやり運転なんか浜松にねぇよ!

他県で見かける「平坦でもスピードが可変タイプ」「センターラインを越える」「クソ遅いのに譲る気ナシ」の車は、大抵浜松ナンバーです。「また浜松か……」って感じることが今まで何度あったことか。これは別の側面もあって、浜松の道路環境が広くて良すぎるから、カーブが多い他の県だと一気にヘタクソ以下になるところ。

これは新宿駅で人の流れに乗らず、看板を見ながら迷ってるヤツに該当します。そういう人に限ってど真ん中で立ち止まったりするんですよね。

「センターラインはタイヤを這わせるため」と思ってるバカがいそう

浜松で運転していると、どんなにゆるいカーブでもセンターラインを越えてくるバカが目立ちます。直線でも越えるバカが多いから、全てのラインに踏むとパンクする反射板しこんでくれないかなーと思っております。

センターラインがないと、ブラインドコーナーでも道のど真ん中を走るヤツが多いわけですが、対向車が来るたびにキュッとハンドルを切る行動は、キープレフトをしているだけで回避できていると気づかないのでしょうか。学習しないしわからないからバカなんですけど。

ラインを越えてくる系はプリウスとかミニバンが多いですね。ミニバンは12時の方向で片手ハンドルが多いので、総じてカーブがヘタクソです。あとそれができるってことは姿勢が悪いってことだよ?(親切心)腰を捻らないと片手で12時の位置に手を置けないだろ。

一番意味がわからないのは、ラインの引かれた車線なら2m近くの余裕があるはずの軽自動車が、わざわざセンターラインを越えてくること。お前の左側から軽自動車が抜くこともできるぞと。

スポンサーリンク

危険運転は愛知県勢が有名だが……

交通マナーの話題になると、真っ先にあがるのが愛知ナンバーでしょう。隣の県だし、向こうで走ってもそれは実感します。でも静岡で見る愛知ナンバーは”高速道路以外”すごい大人しいです。ようは、自分がよく知ってる道だけイキる系です。

個人的に一番ヤバイと感じるのは「尾張小牧ナンバー」のエリア。なぜそう感じるかは、ありえない加速をしたり、めっちゃ車間詰めてきたり、前3台くらい余裕で追い越すところですね。そうなる理由は、通勤時間帯に交通量が多い地域へ移動するから、少しでも早く行きたい心理が働くからでしょうね。これは当然浜松ナンバーにも該当します。

危険運転が多い地域に該当しやすいのは、人口が多い政令都市かつ、交通機関がイマイチな都市です。

そういう地域は車移動がメインになるし、どうしても交通量が増えてしまう。通勤通学時間帯は渋滞も慢性化しているし、ギリギリ違反じゃないらしい法定速度+12kmでも遅い部類になるから、それ以下だとよく煽られるハメになります。裏を返せば通勤時間に余裕を作らない人が多すぎることになります。

煽り運転は自分の真後ろをずっと着いてくるヤバイ奴

電車通勤の人に車の運転マナーは理解されにくい気がします。でも人を車に置き換えるだけで、同じ気分を味わえますよ?

エスカレーターの片側を開けるのも、走行車線と追い越し車線みたいな考え方だし、狭い通路で前の人たちが迷いながらノロノロ歩いていると、どう抜いたもんか困るでしょう。電車の昇降に手間取る人が多ければダイヤは遅れるし、夜道でずっと後ろをヒタヒタ歩く人がいれば通報したくなるでしょ?

車は人が動かしている物なので、その人の心理が運転に表れます。だから危険運転が多い地域だと、それだけヤバイ人たちが集まっているというわけ(暴論)。

人が多い駅で、よく人とぶつかってしまう人は運転に向いてないかと。そうなるのは視野が狭く、周囲の流れを予測できないからです。それは運転手にも該当するし、重大事故を起こさせないようにあるのが「道路交通法」なんです。……基本的に法律を守っていれば事故は起きにくい。もし巻き込まれたりしても、日頃守っていることがドラレコで証明できれば、相手の過失を問えるチャンスにもなります。

煽りやイキリ運転をする人って、元からヤバいか、車という壁があることでイキる矮小によく当てはまります。運転と性行動には深層心理が現れやすいって、昔からよくいわれているから──。

キープレフト - Wikipedia

コメント