「すごい勉強法(金川顕教)」を読んで

「すごい勉強法(金川顕教)」を読んで 書評

積み本消化強化期間中デス……。

メルカリの余分なPで買っていた「すごい勉強法」を読み終わりました。ていうか、なぜ買ったのか理由がわからない……。内容は自己啓発の意識ハイでHaiHaiHai!!です。一言で要約すれば──

私はコレで成功しました。真似すれば同じレベルになるかも!?

スポンサーリンク

「すごい勉強法」金川顕教(著)

気になった部分の要約メモ

  • うまく行かないのは、それは間違った方法だから。視点を変えて、違うアプローチをしてみよう!
  • 記憶は睡眠によって定着する。だから長い時間勉強すればいいってもんじゃない。寝ることは大事!
  • 寝る1時間前に軽く体を動かすと眠りにつきやすくなる。スマホなどディスプレイは見ないこと! 光で脳が覚醒してしまう。
  • TTP(徹底的にパクれ!)
  • 他人の行動で良いと感じたことはメモ。すぐ行動してみる。ダメなら違う方法を模索する。
  • 誰でも知識ゼロから完璧にできる人はいない。

大学在学中に公認会計士に合格し、世界有数の会計事務所に就いた経歴がある著者。それを実現したのは独自の勉強法だった──! 偏差値が高くなくとも、勉強に効率を求めれば……きっと、うまくいく!

……そのノウハウを我々に伝えてくれています。

成功者はよく「天才だ」の「才能だ」のと喩えられますが、私が考える”そう成るための方法”とは、異常なバイタリティにあると思っています。必要なことを脇目も振らずに「ガーッ!」とやってバタンと眠るの繰り返し……。

有名所のCEOなどがそうですね。「いつ寝てんの?」みたいな。

勉強はインプットとアウトプットの反復練習

基礎学力を向上するうえで重要なのはインプット。教本をひたすら読んだり、専門書を読み込むとかね。試験勉強はインプットとアウトプットの反復練習です。過去問を消化すると、必ず苦手部分が露出してきます。効率のいい勉強法とは、その取捨選択を自分で決めれるかにかかっています。

当著書は、難関の試験勉強で導き出された勉強法なので、その点に関して詳しく書かれています。

ただ正解を書き出すだけでなく、声に出したり、別の言葉で言い換えたり、きっかけで思い出すようにしたりと、アウトプットの方法も、ひとつだけじゃありません。繰り返すことで知識は定着します。

ほとんどの成功者さんたちは、朝起きて日の光を浴びて──からはじまるけど、夕日で目覚める方々はどうすればいいのだろうか、と思っている。

「夜起きニートがなぜ朝日を浴びずに健康を維持できるのか?」なんて本があったら面白そうだなと。この本を読んだ後の夜ランニングの最中、ふと思ってしまった。

コメント