組体操は誰が何を学んでいるのだろう?

体育祭シーズンになると、浮上するのが組体操についての議論。

その意見はふたつ。「情操教育のために必要!」と「ケガの危険性があるから中止!」の対立。……素朴な疑問なんですけど、なぜ中間の「ケガしないようにやればいいのでは?」がないんですかねぇ。

スポンサーリンク

組体操のピラミッドを高くする必要あるん?

体育でケガなしは無理な話です。

50m走でも全速力から派手に転べば骨折もあるし、パン食い競争で窒息もある。借り物競走で「貸せオラ!」と素手ゴロになるかもしれないし、創作ダンスで足を曲げてはいけない方向にぐねることあるし、バク転要員は地面に刺さる可能性も捨てきれない──。

これらは”ありえないことはありえない話”で、発生確率はまだ少ないほう。起きたら不運だねレベル。

誰が見ても「これは大事故不可避」な題目があります。それが組体操の「ピラミッド」です。

ピラミッドは四つん這いの人を積み上げていく競技(?)。3人で2段ならまだ雑談で余裕ですが、世には7段以上とか、ギネス狙おうぜとか、無駄に高く設定した末に崩れて事故るケースが絶えない。これが問題視されています。

同じ組体操でもサボテンや扇なら、恋は芽生えてもケガは軽度でしょう。7段のピラミッドがもしも崩れたら……。上下どちらも重大なケガを負うのは、誰でも想像できるでしょう。

ピラミッド組み体操、今年も骨折事故多発 タワー崩れ・着地失敗も | 京都新聞
運動会の組み体操が揺れている。けがが多いため、近年は内容を見直す学校が増えている。京都新聞社が組み体...

そもそも「なんで高くする必要があるの?」って話ですよ。

組体操で試されているのは先生のマネジメント力では?

組み体操は運動会の花形として続いてきたが、毎年どこかの学校で骨折が発生している。地域や保護者の要望があっても、それに左右されない冷静な実施の判断が学校に求められる。

https://this.kiji.is/568974360315823201?c=39546741839462401

先の記事から抜粋しましたが、先生など管理側に求められるのは『冷静な実施の判断』。これに尽きますね。

7段ピラミッドの画像をみると、50人ほどの生徒が参加しているようですね。この中には、「やりたくねぇ」のもいれば、「ウェウェーイ!」なのもいるし、「意味不明」な考えもいる。

日本の教育は”普通”を生み出すことを重視しています。それは個性(考え)を汲み取らないんですよね。これは会社組織にもいえること。

管理者である先生は、「やるorやらない」の判断をしなければなりません。もしやるなら──

  • 生徒の何割が賛成しているのか?
  • ケガをしないようにするには?
  • どうしてもやりたくない子はどうするべきか?
  • 当日に欠員が出たらどうするのか?

などのリスク管理を徹底するべきです。やらないにしても──

  • 手を抜いても評価があがる方法
  • 安全をとった理由と説明を上に納得してもらうプレゼン
  • 生徒の意思を尊重したことを親に説明する
  • みんなで逃げよう(ボイコット)

などの道があります。

先生は責任者です。立場上、集団の方向性を決め、皆を導く役目を背負います。つまりどちらの選択でも、マネジメント力が試されます。だから上司は言い逃れもしやすいす──

「部下を成長させるためにやった。責任は彼にあるが私にもある!(でも軽くしてネ♪)」

この線は間違ってないと思うんですよ。「やりたくない生徒も多いんです」には、「だって伝統だもん!」と強引に押し進めて、いざ事故れば「でもでもだって!」で逃げることができます。

7段ピラミッドを統制するには、想いをひとつにするしかないでしょう。、嫌がっても全員無理やりやらせて、体調悪いとかいえば「木の精!」で流したり、どうしても無理ですといっても「やれる頑張れる出来るって!」とSYUZOしたりと、もはや課長を越えたチームマネジメントが問われますね(戦慄)。

んでそれを通常業務と合わせてやるんでしょ?

ただでさえ”通常で”長時間業務するしかないエブリデイ残業(サービス)なのに?

生徒も壊れるが、先生も壊れちゃいますよ。一番楽なのは”よかれ”で指示する上司だけです。

やりたい人でやる、やらない人はやれることをやる

最近はビジネスシーンで「多様性(ダイバーシティ)」がよく使われます。

これは個性を尊重する考えです。だから「やりたくない!」といえばやらなくてもいい考え。日本は「普通の能力」という”平均化”が重視されているから、ボスの思考から外れただけで”異端”になるんですよね。国際性が豊かな国でもないから、多様性という異物を未だに受け入れられていない。

これは方言をバカにしているのと同じです。

日本語でも”標準語の話”が出たりしますが、そもそも標準の日本語ってなんだよ、イントネーションの違いってなんだよ。そんなので比べるのは、どこにプライド持っているんだよとツッコミたい。伝わればそれでええやん?

組体操も当人たちに意見を募っても、「やりたいorやりたくない」のどちらかで必ず分かれますね。そのどちらを選んでも、自分の考えと違うことをしなければならなくなる。多様性はこれを改めようってことですよ。

やりたいならやりたい人だけでやればいい。その方が円滑に進みますし、統制するのも楽になります。

やりたくない人はやれることを選べばいい。自分の意思で決めたことなら仕方ないし、後悔しにくくなります。

どちらでもない人は……。全く違うことをさせるのもいいんじゃないですかね。別に図書館で何冊読めるかとかやってもいいし、校内清掃選手権でもいいじゃないですか。

全員が同じことをやらなければならない伝統という呪いは、いい加減に「やりたい人だけ」に見直したらどうですかねぇ。

コメント